ギャラリー

2007年10月24日 ドールショウ20
ドールショウ20の青縞製作所ブースの様子

りなりも連れて行くことにしたので車で出動。首都高の途中でカーナビがハングして迷子に・・・(^^;;
朝6時に出発し3時間近く運転した後、駐車場から会場まで数往復して荷物運んだりで、開場する前から疲れ果ててしまった。一人だとブースも離れられないので次回は人足を手配しよう・・・・。

で、りなりの特徴であるツインテールを結ぶ気力も時間もなかったのでストレートバージョンで展示となりました。

あと涼宮カエレな団長(意味不明)

団長「こんな格好で展示するなんて、訴えます」

私は黒髪キャラが好きなので、次はベア子かな。このロリコンどもめ!


2007年08月29日 りなり(フレマネ)
りなり〜きたー!!

初代OPの座った姿勢でのむはぁな太ももにやられてしまいました。本当ならそのシーンを再現したいところですが、立ちポーズと座りポーズを頻繁に変えるとポッキリ逝ってしまうので、当面立ちポーズ中心で使用します。

一応Sサイズなのだが、これでもでかい・・・。SSサイズやXSサイズの衣装が容易に安く手に入ればよいのだが・・・。
りなりさんは結構メリハリボディなのでちちパッドを装着してみましたが、ちとデカすぎたよ・・・。

次は、瞑り目で作ってみようかな、いや眼光無しでベッドに拘束ってのも・・・ぐはぁ
2007年08月29日 くろぽん(フレマネ)
ついにくろぽんが等身大ボディに!!!

160cmのフレマネと言えど、スリーサイズはファンタと大差ないのでMサイズの衣装はでかすぎ。とりあえず、ワンピースのスカート部分を分離して2ピースに改造。それぞれ目立たないように詰めてピンで仮止めして撮影しました。
出来ればもっとバラして縫い直したいのだが・・・暇がありません。
2007年08月18日 扉絵
ちと萌えが足りなかったので扉絵を撮りなおしてみた。

やっぱりフレマネは肩幅がちょっと大きいですね。あと3-4cm小さくして、よこちちが出るくらいに・・・むはぁ。
おしりはもう少し大きくてもいいかな。Mサイズのぱんちゅだと少し大きいです。しかし、Sサイズだとなかなかいいデザインのが無い。
素体のままだとぷっくり感がないので発泡スチロールでぷっくりクッキリなパーツを作成装着しました。写真はヤバイので公開しません。(ニヤソ
2007年08月15日 あんな(フレマネ)
リナリー萌え〜っ!!

てわけでフレマネを買ってしまいました。実は前々から欲しかったんですよ、お手軽だし、ピンが刺せるので衣装フィッティングも楽々。加工機で作ってるボディは固定ポーズだし、ホイホイと作り変えってわけにもいかない・・・。一応、数種のポーズパーツを組み合わせられる方向で進めてますが時間かかってます。
というか〜、工作も楽しいのですがボディ付きの写真も早く撮りたかった・・・。

旧教団服は入手済みなのだがサイハイソックスの方が連休明けになってしまう。サイハイ履いてないとリナリーではないのでとりあえず次回までお預け。

ということで、手持ちの衣装の中からこれわたをチョイス。
この衣装は他に必要な物もないし、サイズもSSなのでそのままでもジャストフィット。スカートとエプロンを少し巻いて短めにフィッティングしました。(*^^*)
ヘッドはゆかことあゆみタソ(大阪)を装着。なんとなく安奈に見えなくもないかなと。
前に作ったいずみでも良かったのだけど、いろんなところがボリューム不足だし、首輪と鎖は持ってないので・・・

フレマネの改造(SM054-2N ジュニアレディース)

面倒だったので写真は撮ってないけど、頭部無しのフレマネは木製のキャップをくるくると回して外すとベニアのマウントが現れます。ベニアの中心にネジ穴があるので、そこを中心に45mmのドリル(800円くらい)で穴を広げます。ベニアに穴かあくと、ネジ穴の空いた金属の円盤が露出し、二本の針金が溶接されています。ニッパーやペンチで円盤部分を切り取ると左の写真の様に、二本の針金が残ります。ショイントを埋め込むために余分なウレタンを削ります。

自分が持っているジョイントには調度穴が1個空いていたのでその反対側にも4mmのドリルで穴を開けました。その穴に針金が調度入るようにジョイントを埋め込みます。
ファンタのオリジナルヘッドは結構重いのでコレだけだとスポっと抜けてしまいそうですが、青縞製のヘッドは軽いのである程度振り回しても抜けませんでした。とりあえず不便はないので当面このままで行こうと思います。

ご存知の通り、フレマネはウレタン製のボディに仕込まれた針金でポーズを固定する簡単な構造となっています。関節が無いので注意しないとどこで曲がるか判らないし、同じところを何度も曲げ伸ばしすると骨折しちゃいます。なので、立ちポーズ用、座りポーズ用とボディを別に用意した方が長持ちするし、2人、3人の集合ポーズも出来て良いのではと思います。
5月06日 さとこ
アニメ放送記念。もちろん、原作版です(笑

アニメはうちでは見れないのでどんな感じなのかわからないけど、HPのキャラデザをみるかぎり、かな〜り絵が変わってしまっててちょっと萎え〜な感じ・・・。声はドラマCDを聞く限り、まぁまぁかな〜と思うけど、アニメ版も同じなのかな?

実は去年あたりから作りたいと思ってたけど、資料が少ない(ゲーム中の立ち絵しかない・・・)とか、手持ちのロングをごまかして使うには長すぎるので新しいウイッグ買わないといけない等の理由でなかなか手がつけられずにいました。

元が、わりとデフォルメってる絵なのでデカールにするのはなかなか大変でした。いっそうのこと、原作と同じアングル専用に作ってしまおうかと思ったくらい(笑
お口はもう少し上の方がよかった・・・orz

なぜに半泣き? そりゃあもう、普段お嬢様言葉で小生意気なだけに、半泣きで言い訳する姿がとても愛らしいのです。
これを「ツンなき」と言うとか言わないとか(ヲ

次はやっぱりぺとぺとさんでしょうか?(笑


5月06日 ゆい先生
なおさんのHPと相互リンク記念

せっかくなので自分の所にも展示することにしました。
なおさんに送った写真より、面長に映ってます。これがオリジナルでして、原作のちみっちゃい感じにしたくて少し縦を縮小したものを送らせて頂きました。

はっ、上のさとこと同じ衣装だった・・・手持ちで原作のイメージに近いのはこれしかないので・・・(^^;;
ウィッグもさすがに原作イメージの物を購入する余裕はないので、いつもの使いまわしです。
そういえば、例のお団子付きツインテールがセミオーダーで色指定できることが判明。値段も標準色と同じ9800円らしい。ただし、注文してから2ヶ月くらいかかるらしい。
自分的には黒髪しーぽんで満足してるんだけど、毎回ウイッグをセットするのはしんどいしウイッグも痛むので購入を検討中。問題は色・・・原作どおり、ライトブラウンにしたらせっかくつけた「くろぽん」で呼べなくなる・・・・。もちろん、黒でも注文できるのだが、わざわざ色指定するなら原作どおりがいいかな・・・・まぁ、あわてず考えよう。

4月29日 ドールショウ16にて
青縞製作所ブースの様子。

苺鈴のコスプレをするゆかちゃんとこれわたのコスプレをするせいばぁ〜さん(ぎゃ〜リボンが曲がってた〜(滝汗)

当日販売用に用意できたのはYUKAタイプが2個とSAKIタイプが1個の計3個。
デカールを貼ってもらえば完成出来るよう肌色塗装済みヘッドにサンプルデカールを付け、8000円で販売させて頂きました。
告知する暇もなかったけど無事完売しました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。m(_ _)m
ご自分の手で完成させることにより、世界で一つの自分だけの娘に生りますので、末永く可愛がってあげて下さいませ。
補修等も出来る限り対応したいと思いますのでまずはメールでご連絡下さい。
塗装は一応二液型ウレタン塗装なので、ラッカー塗装よりは丈夫だと思うけど取扱には注意が必要です・・・(^^;;
サンプルデカールは自分で印刷出来るように後日ダウンロード出来るようにする予定。なを、ドール用の瞳デカールデータを作成しホームページで公開されている方も大勢いますので、それらを参考にしたり、等身大用にサイズを変えて印刷してもいいかもしれません。

今回、ファンタスティックさんにお願いして特別に展示用のボディーをお借りしました。
次回までには自前のボディーを用意したいものです。


プリスカさんとこのでかぽんとお話中のくろぽん
(黒髪しーぽんなので略して「くろぽん」(ヲ
まだサイズ直ししていないのでぶかぶかです。(笑

青縞「でかぽんのふとももはエッチでええの〜」
青縞「むはぁ〜 もうちょいローアングルから・・・」
??「キュピーーーン!!」
青縞「・・・・・ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル」

後方より、ただならぬ殺気を感じたのですごすごと撤退するのだった・・・。
状況がわからない方はプリスカ(ティセとゆかいな仲間たち)さんとこのギャラリーや日記を参照してください(ヲ

しーぽんずと記念撮影。

でかぽんの足元にはちびぽんとなぜかびんちょうタンが・・・(笑

気が付けばプリスカブースになっていた・・・(笑
プリスカブースの様子。

注)プライバシィー保護のため一部モザイク処理をしております。

マスクマソP「ナイスガイな私のマスクにモザイクだと〜」
ケロ「わいまでなんでや〜」

あいかわらず手際の良いメイクさばきでして、髪の毛1本の乱れもありません。見習わねば!

とりあえず、小物を購入する資金が手に入ったので金髪ショート系のウイッグを購入予定。
涙目さとこの瞳デカールと合わせれば気分はもうにぃにぃ

青縞「さとこぉ〜」
さとこ「にぃにぃー にぃにぃー」

むっはぁ〜 早く注文しよう(笑


ファンタスティックブースの様子。

先日発表されたプチソフト「ナノ」ボディーが展示されていました。

ぱっと見た感じでは、肩の接合部が気になるところですが、従来のボディーにも腕や胴の接合部(接着部)があったのでどっちもどっちかな。
半袖や腹だしの衣装でも接合部が見えることもないし、ラブパンポーズも出来そう。<-これ重要(笑

あとはお値段ですね・・・プチソフト(ピュア)の二倍以上の金額になります。プチソフトくらいなら一体買っておいても良いなと思っていたのですが、ナノが登場したことでまた悩むことに・・・・。もし微乳だったら猫まっしぐらだったかも(笑
でも、撮影の幅を考えると立ちポーズ用と座りポーズ用に1体づつあった方がいいよね。
「カチ・・・」(何かのスイッチが入った音)
ナノの足はジョイント、立ちポーズ用とぺったんこ座り用に足を作ればいいのか・・・キュピーーン、腕も外せるからスパイラルなみのドリルも・・・(原作通り、腕と一体にする必要は無いが・・・・)

と、次から次えとやりたい事は増えるのだが、時間がねぇ〜(T_T


七代目の扉絵
DVD第6巻発売記念(笑

いずみとみつき、どっちを作るか悩んだのですが、みつきは髪形が大変そうだったのでとりあえずいずみから。(笑

参考になりそうな画像を早送りで検索、キャプチャボタンをポチとして保存。しかし・・・いずみって普通の表情が少ない・・・ほとんど怒ってるか泣いてるか・・・それはそれでよいので一緒に保存(*^^*)
機会があったら、怒り顔や泣き顔とかも作ってみようかな。
もちろん、他のキャラも参考になりそうな表情は保存しました。
このヘッドとの相性や自分の好みから言うと多可美さんを作りたいところですが、最終話に少し登場しただけで使える表情が無かった・・・・(T_T
版権物(ポスターとかテレカとか)も無いし、唯一使えそうなのはHPにあるキャラ紹介のちっちゃい画像・・・(^^;;

それはさておき、なんとかいずみっぽく見えるかな?
ロングのウィッグしか持っていないので後ろで束ねてます。横から見ないで下さい状態です(笑
六代目の扉絵
デカールの材質を変えてしんくタンを撮り直しました。

あと、下のしんくタンはデカールが左右共垂れ目気味に貼り付けてしまっていたので、目の星の部分が水平になっていませんでした・・・(^^;;

今回はきちんと水平を出して貼り付けたので、しんくタン本来の怒り顔になりました(笑
ツインテールにしていないのは突っ込まない方向で・・・(^^;;

デカールの材質を変えたことによりデカールとヘッドの境界線がほとんど分からなくなりました。このシールを使ってデカール作ればアップにも耐えられますね。
五代目の扉絵
しんくタンを作りたいなと思いつつ試作のヘッドを眺めていたら、手持ちのしいな/殺の未塗装ヘッドの方がマッチしそうだったので早速トライしてみました。

とはいえ、衣装まですぐには手配出来なかったのでハダカのまま・・・。

しんく「純、寒いわ。いつまでこの格好でいさせるつもり?」

とか聞こえそう・・・。
そもそも、これは等身大というより二倍大だな。
アニメ版の絵を参考にデカールを作成したのですが、目の大きさは調度しいなヘッドのモールドと同じくらいの大きさでした。根性のある人は塗装してもいいかも。
モールドの上にデカール貼り付ける事になるので、のび〜るシールを使いました。でも、このシールはやっぱり厚みが・・・しっかり影がでております・・・(^^;;
あと、毎回デカールを作るたびに下地の肌色をヘッドの色に合わせようと調整してるのですが、なかなか思い通りにならない。
でも、きちんとデカールの輪郭に沿って丁寧に切り取ってあげれば厚みはある程度ごまかせます。ただ、貼ってみるまではデカールのデザインがマッチするか分からないので私はいつも適当に切っちゃってます・・・(^^;;
2005/10/25 せいばぁ〜(笑


とりあえず、新作ヘッドの試作品が今日出来上がったので早速合いそうなキャラを作ってみました。
でも、このゲームはやってないので良く知らないんです(^^;;

当初、新作ヘッドのテストキャラとしてレンちゃんでも作ろうかと思っていたけど、TA○TO怖いし、既にヘパムンが等身大作ってるみたいだし、手持ちのコスチュームで再現できそうなシーンって、バスタオル一枚の風呂上りシーンしか思い浮かばない(笑
手持ちのコスで出来そうなキャラで人気のキャラは無いかな〜、どうせなら最近のがいいな〜ってことで作ってみました。

新作ヘッドの資料も兼ねるので、アングル変えて色々と撮ってみました。
というよりも、正面からでは分からないけど、ちゃんとシニョン結びしてるよ〜って所を見て欲しかったりする(笑

紺のリボンが無かったので赤のリボンで代用。しかも、ラッピング用のやつ・・・まぁ、無いよりは良いんじゃないかと。
さらに、シャツは男者ですよ。ある意味、自分のシャツ一枚だけ着てるってシチュエーションは男のロマンではありますが(*^^*)
さすがにそのままではでかすぎるので、後ろをピンで詰めて小さく見せてます。

大体のセッティングが終わって、いざ撮影に入ると何か違和感を感じました。あれ〜なんか違うな〜、何が違うのだろう?と思いつつも、似ないのは自分の技量の無さが原因ってのは何時もの事なので、とりあえずアングルを変えて一通り撮影。でも、何か大事なものを忘れているような気がしてならない。そう・・・ハネっ毛が無かったのですよ。シニョン結びにばかり気がいってて、すっかりハネっ毛作るの忘れてました(汗
早速、ハネっ毛を作って撮りなおしました。(笑

しかし・・・なぜに金髪でシニョン・・・・?妙に韓国くさい名前なんだけど、和装用に黒髪の部分ウィッグとか売ってるし・・・いったいどこの国の髪型なんだろう・・・(^^;;
あ、横から見たらシニョンの重さに負けてウィッグが後ろに引っ張られている・・・(^^;;
ちなみに、右側は見せられません。髪の長さが足りなくって三つ編みが一周していないんです(笑
このウィッグは普通のロングなので、スーパーロングの方を使えば完全なシニョンを再現できそうです。

ふと思ったのだか、もともとのベースが「しいな/殺ヘッド」なので、こういう表情だと、殺と代わり映えしないな〜(笑
ゲームやってないので、オフィシャルホームページにある画像と販売されているガレキを参考にしたのだけど、もっとかわいらしい表情もあるみたいなので、機会があったらそっちの表情で作ってみたいな〜。
四代目の扉絵
細かな説明は上を参照してください(^^;;

ちと画面が暗すぎたのでちと調整したのですが、ハイライトが飛びまくってますね(^^;;
2005/10/18 おっきなもこちゃん(笑

ちっちゃなもこちゃん風にデカール作ってみました。
く・・・首が・・・太い・・・?

耳も小さいかな。ちょっと大き目の付け耳作くるといいかも。
あと、ヘッドとウイッグの間にアンコを入れて頭のボリュームをもう少し付けたらよかったかな。
いや、11才に成長したらきっとこんなだろう(笑

デカール用紙はナカバヤシのマットホワイトを使いました。このくらいの大きさなら全然OKです。

このウィッグ(ゼファーのロング)はヘッドにウィッグネットを被せた上に被せているのだが、ツインテールにしようとするとうなじ近辺がえらいことになる。髪を上のほうで縛るとそれに引っ張られてしまうのだ。なので、今度ファンタヘッドの大きさに合わせたフレームを作ってウィッグに仕込んでみようと思う。髪を縛ったりしたときにウィッグの形状が変形しないようにしっかりとフレームで踏ん張るわけだ。ウィッグの形状をフレームで固定すると今度はヘッドからズレやすくなると思うので、ヘッドとフレームが接触する面にスベリ止め用の薄いゴムシートを貼り付ければ良いだろう。植毛っぽく、ヘッドに固定したければ両面テープなどで貼り付ければ激しい運動(?)をさせてもウィッグが外れることは無いだろう。

一度デカールを貼ってしまうと愛着が湧いてしまうもので、現在手元にあるヘッドは4個。それとは別に塗装中のが2個と別デザインに改造中なのが2個。この2個が完成したら、アレやコレのキャラが作れますよお兄さん。ボディーは無いのにヘッドばかりどんどん増えて行きます(^^;;;
三代目の扉絵
再々挑戦した等しーぽんです。

お団子のダミーを作ることでだいぶしーぽんぽくなったと思います。なので早速扉絵に使っちゃいました。(笑

うむ、自分で言うのもなんだけど、なかなか良いではないか。黒髪至上主義者の私としては、黒髪のしーぽんはベストオブベストなのですよ(笑
もともと、60cmしーぽんドールを目指して作ったヘッドではあるが、製作途中でいろんな要素がからみあい今の形に落ち着いた。なので、どの角度から見てもしーぽんとは行かないが、撮影する角度とライティングを工夫すればなかなかいい感じになります。ほっぺもちょっと赤くお化粧することでしーぽんらしさ爆発です(*^^*)
2005/10/13 しましま
一番最初に作ったデカールだったのですが、ラベル用紙の問題で大失敗。今回、マスクマソPさんの熱い要望に答えて再挑戦(笑

お団子は作れませんでした・・・・作れたとしても髪が短くなっちゃうし・・・。
このウイッグはデザイン的にはばっちりなんですが色がコレしかないんで・・・残念!(古い
お団子の付いたエクステンションとかが売ってるので、ショートヘアに組み合わせるといいかも。

何を隠そう、もともとオリジナルヘッドを作るきっかけになったのは「等しーぽんが作りたい〜」だったのでした。そのため衣装も買ってあったりする。ただサイズがでかいのでボディーを手に入れたらサイズを詰めてあげないと。
ちなみにこの衣装はLili Marleneで購入。あ!の冬服を購入するか思案中(笑
2005/10/10 ドールショウ15にて

ドールショウにてプリスカブースのまぁさん築地屋魚成さんのご好意でファンタボディーに装着した写真を撮影することが出来ました。ありがとうございました。m(_ _)m

写真のモデルは左からゆかちゃんあんなちゃんです。
いいですね〜。想像以上です。ファンタのボディーに装着した状態をみるのは初めてなので感動しました。(ファンタのボディーを直に見たのも今回が始めて・・・(^^;;)

一枚目はパースが付かないようにかなり離れた位置から撮影したのでストロボの光が十分届いていない・・・。でも、頭部とボディーのバランスはよく分かりますよね。

かつては写真少年だったのですが、最近はろくに写真も撮らなくなり、今使ってるデジカメもあまり使っていないので特性とか全然把握してないです・・・(^^;;

ゆかちゃんのデカールはこのヘッドにベストマッチしてますね。今度はいくつか表情を変えたパターンを作ってみよう。
あんなちゃんはもう少し修正した方がよさそう。パソコンでデザインしてるときは平面なのですが、実際に貼り付ける面は曲面なのでなかなか難しいです。(3DCGの世界ではテクスチャーのマッピング方式を変えるだけだったので楽でしたが・・・)

しかし、これでますますボディーが欲しくなりましたね。でも今は我慢我慢・・・。ボディーを手に入れたらきっと製作の方がおろそかになっちゃいます。樹脂や塗料はなかなか落ちないのでそんな手で汚したくないし・・・。

まだまだ、人様にお譲りするには完成度が低いのですが、人柱になりたい方はメールでご連絡ください。塗装に自信のある方は未塗装の状態で、塗装は出来ないけどパソコンを使ってデカールのデザインと印刷が出来る人にはとりあえず私に出来るレベルの塗装でお譲りします。造形のベースにしたい方もOKです。
人柱価格は未塗装の状態で5000円。塗装込みの場合は8000円です。完成度を上げるため、積極的に協力していただけると助かります。
二代目扉絵
ドールショウ15の後に差し替えた二代目の扉絵です。

どうせ展示するなら、土台に使用した「しいなヘッド」の流用部分をなくしたオリジナルヘッドの方がよかろうってことで、急遽原型の修正、型を作って複製、展示用の二個だけ塗装しました。結局、ドールショウの前日までかかってしまいましたが(笑
なので、展示された「ゆかちゃん」は下の写真の「ゆかちゃん」とは別物なのです。使ったデカールも素材が違うのでだいぶ雰囲気が違います・・・(^^;;

ドールショウの開場までに準備できたのは「ゆかちゃん」だけでして、「あんなちゃん」(金髪の娘)は開場後にデカールの貼り付けと新品ウィッグの調髪をしました。なので、きちとん面倒みてあげられず、可愛そうな事をしました・・・。
新作ヘッドの製作が終わって一息ついたら、きちんとメイクして写真も撮り直してあげたいと思います。
初代扉絵
ホームページ立ち上げ時の扉絵です。
あ、本当は扉写真か。つい昔の癖で扉絵って書いてしまった。全部書き換えるのは面倒だからこのままいこう(笑

あ〜、撮影も調髪もダメダメですね〜。でも、どこに書いてあるわけでもないいのに皆さん大阪って分かってくれたみたいで・・・(^^;;
とりあえず手持ちの素材でなんとか作れそうなキャラクターってことで作りました。名前もヘッド名をそのまま頂いて「ゆか」にしちゃいました。ヘッドの正式型番は「AOH-01 YUKA」です。

戻る