Profile

小野晃 ギタリスト
  • 1973年3月20日生まれ。栃木県佐野市出身
  • 高校一年の15歳夏より、ギターを始め、その後、高校3年位から、地元のジャズスポットで演奏活動をするようになりました。
  • 高校卒業後、スタジオミュージシャンを目指し、ヤマハ音楽院に入学し、1年半学びました。学校の勧めで参加させて頂いていたバンドで、初めてのコンサートツアーやレコーディング等も経験しましたが、ECMレーベル等の素晴らしいアーティストの作品に感動して、どうしてもジャズがやりたくなり、ジャズのフィールドで活動する事となりました。自身のトリオや、セッション等で、都内のジャズライブハウスを中心に活動し、ジャズフェスティバル等イベントにも出演。当時は、フリー・アバンギャルドな音楽を好み演奏しました。
  • 数年経ち、自身の演奏に行き詰まりを感じていた24歳の頃、クラシックギターに興味を持ち弾き始め、平行してカフェ、レストラン、クラブ等でBGMのジャズ演奏をする仕事を年間300本以上しながら、5年間クラシックギター奏法の基本を学びました。
  • 2002年に、自身のレコードレーベル「Art of spirit(s)」を設立し、クラシックギターを使用したソロアルバム「Re-member」をリリース。コンサートホールを中心に、各地で、クラシックギターを使った、インプロビゼーションとオリジナル曲のコンサートを行いました。また、2004年からは、ヤマハ株式会社のプレイヤーとして、プロモーションサポートの演奏の仕事もしました。
  • 2005年4月に、Jazz singer 山岡美香とのDuoアルバム、「CHAMBRE」をArt of spirt(s)よりリリース。本作より、ダイキサウンド(株)と提携し全国リリースし、タワーレコード渋谷店等で視聴機展開して頂き、好セールスとなりました。2007年8月には、上記Duoにバイオリニスト・西田けんたろうを加えた編成で、「Paint Box」をリリース。こちらも全国のジャズ系ショップで取り上げて頂き、まだ出会えていない、遠方のリスナーの方々と繋がる機会を得る事が出来ました。(両アルバムとも完売につき販売は終了。)また、モーションブルーヨコハマ、JZ Bladを拠点に、全国各地でコンサートを行いました。
  • 2009年2月に、クラシックギターを使用し、オリジナル曲を収録した、2作目のソロアルバム、「Life is Beautiful」をリリース。各地でのコンサートに呼んで頂きましたが、初の1000席以上の大ホールでのコンサートもあり、クラシックギターの可能性を改めて感じる事となりました。また、アルバム1曲目の「Opening」はFMヨコハマの番組テーマソングとしても採用して頂きました。
  • その後は、ハイクオリティなJ-Popsを制作する素晴らしい同世代作家にも声を掛けて頂き、自身の活動と平行して、加藤ミリヤ×清水翔太、東方神起、郷ひろみ、SHIKATA、YU-A、安田奈央、青山テルマ、morishinの素晴らしいアーティストのレコーディングにも参加させて頂きました。(こちらは、クラシックギターではなく、エレキギター&アコースティックギターでの参加。)そうしている内に、自分でもDAWを使った音楽制作に興味を持ち、シンガーソングライター・西海絢乃の、編曲、サウンドプロデュース等を行うようになり、現在は、自宅スタジオを構え、作曲から編曲、演奏、録音、ミックス&マスタリングまで、すべてこなす、音楽製作の仕事も行うようになりました。
  • ジャンルには拘らず、「より良い音楽を、音楽ファンの皆様と分かち合えたら・・」という想いですが、最近では、ご縁あって、ケーナ奏者の、RENや、インディアンフルート奏者の、Moto Ozakiのような、民族楽器の演奏者とも共演させて頂いています。時には、クラシックギター、アコースティックギター、ジャズギター、ロックギターと、色々なギターで、色々な音楽を演奏しておりますが、ギターという楽器の多様性と、様々なジャンルの音楽の素晴らしさに感動しながら、これからも音楽活動していきたいと思っています。(以上敬称略)