第1回青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル
ホーム
ごあいさつ
Welcome!
上映プログラム
インフォメーション
応援メッセージ
スタッフ日記
お問い合わせ


上映プログラム

ヘテロ薬 プログラム1  【13:00〜】
ヘテロ薬(日本語字幕あり)
監督:「ヘテロ薬」制作委員会

日本 2005年 43分


ストーリー

世の中をヘテロかつ性別違和のない良男・良女のみにしようとする会社「ステレオタイプカンパニー」が当たり前にある世界。そんな世界で、ステレオタイプカンパニーの作る薬を手にした5組の人達の物語+α。
昨年度、第14回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭の日本公募短編最優秀作品です。

chocolate chocolate(英語字幕あり:English Subtitles)
監督:iri

日本 2000年 27分


ストーリー

毎日のように違う女の子と遊んでいる充。
そんな彼にも好きな人が。
しかし、好きな人には臆病になり、その想いを伝えることができない。
そして、彼女を感じ取るかのように、彼女のゴミを拾いあさるという行為に走る。一方、写真が趣味の女の子、市。彼女は被写体であるハルに恋をしている。市もまた想いを伝えられずにいた・・・。




マイ・ファースト・カミングアウト プログラム2  【14:30〜】
Straight Out
マイ・ファースト・カミングアウト
(日本語、英語字幕あり:English Subtitles)

監督: キフラップヒルドゥル・グンナルスドッティル
ソルヴァルドゥル・クリスティンソン
Dir: Hrafnhildur Gunnarsdottir
Thorvaldur Kristinsson

アイスランド 2003年 56分

「サンフランシスコ国際レズビアン&ゲイ映画祭」
優秀ドキュメンタリー賞
「ジョージタウン・インディペンデント映画祭」
最優秀ドキュメンタリー賞

ストーリー

10代のレズビアン&ゲイ9人に密着したドキュメンタリー。自分は同性が好きなんだと気づいた時、みんなはどうする? 不安、迷い、クラスで感じた違和感や疎外感、初めての恋、そして仲間との出会い……。様々な思いを抱えながらも、やがて9人は学校や家庭でのカミングアウトを決意する。北ヨーロッパの島国アイスランドでも、少年少女たちの悩みは変わらない。幸せを目指して力強く生きる彼/彼女らに、いつしか私たちも勇気づけられる。

A documentary closely following nine lesbian and gay Straight Out teenagers. What did you do when you realized that you liked others of the same sex? It may start with personal anxiety and confusion or feeling uncomfortable and isolated in public, but time inevitably brings first loves and friends. Each of the youth in this film, inspired by their own thoughts and emotions, are determined to come out at school, or to their families. The fears and distress felt by these boys and girls in remote Iceland are no different from those that were our own. The strength exuded by these nine teens as they aim to discover happiness for themselves is enough to enlighten and inspire us all.

このページのトップへ



向日葵 プログラム3  【15:45〜】
STOP HIV&AIDSプログラム
向日葵(日本語字幕あり)

監督 : 河村昌伸・勅使河原雄蔵

日本 2004年 49分


ストーリー

名古屋に住んでいるシンヤは、カレシの良一さんと幸せに暮らすため、東京に向かう。でも、そんな幸せは長くは続かなかった。シンヤは突然、エイズを発症してしまったのだ。




Tying the knot プログラム4  【16:50〜】
Tying the knot
誓いますか?/誓います(日本語字幕あり)

監督: ジム・デ・セヴ
Dir: Jim de Seve

USA 2004年 81分


ストーリー

同性の恋人と長年暮らした家を、遺言状の不備のため相続できない男性。そこで彼は、亡くなった恋人との思い出の品や写真を、家から持ち出して隠した……。2004年、アメリカに端を発し、世界的に話題を集めた同性婚論争。根強い反対意見に、小さな「家族」たちはどう立ち向かっていったのか。娯楽作として楽しめる一方で、彼らの熱い思いは観終わった人々に感動を呼び起こさずにはおれないであろう。ここに新たなドキュメンタリーの傑作が誕生!

Denied his inheritance because of a loophole in his life partner's will, a desperate man gathers up the mementos of his deceased lover and leaves the home they shared together. This is the reality of life in the United States in 2004, where the issue of gay marriage is a topic of hot debate. Tying the Knot is a compelling documentary that is as entertaining as it is emotionally-charged. Don't miss it!

このページのトップへ

Copyrights 2006 青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル実行委員会 All Rights Reserved.