ミャンマーのキハ141系 
RBE5049 Alon 14/3/3

RBE5049 JR北海道 キハ142-12
配置:Kawlin Locomotive Shop
運用区間:Za Loke(MapcartaではAlon) − Monywa − Aungtha − GTC − Bawditahtaung
確認日:14/3/3

 札沼線(学園都市線)用として、50系51形客車のオハフ51 21を1993年に五稜郭車両所で気動車へ改造した。
 2012年6月の札沼線電化で引退し、陣屋町から輸出。

 ミャンマーではRBE2587(キハ141-12)と組んで2013年雨季頃にデビューし、
 モンユワ近郊の支線直通各駅停車「Monywa circular railroad」用となった。

 2017/12/30時点でもモンユワで使用中。ミャンマー仕様の速度記録装置とEB装置が取り付けられた。


MyanmaRailways Alon駅の朝 <BR>RBE5049(キハ142-12)+RBE2587(キハ141-12)+RBT807 RBT842 14/3/3   RBE5049+RBE2587+RBT807 RBT842 Alon 14/3/3
   この編成が常駐するAlonには機関庫等が無く、
   所属のKawlinからの出張で対応している。
   以前はRBE5013+RBE5017+RBT832が常駐していた。

RBE5049(キハ142-12)+RBE2587(キハ141-12)+RBT807 RBT842 Alon 14/3/3   1Dn RBE5049+RBE2587+RBT807 RBT842 Alon 14/3/3

RBE5049 Alon 14/3/3   RBE5049 1Dn Alon 14/3/3
   「学園都市線」のステッカーそのままで、
   Monywa Government Technical College(略称GTC)の通学時間帯に運行。
   エンジン+変速機は、DMF13HS+廃車発生品DF115Aの組み合わせ。

RBE5049 Bawditahtaung 14/3/3   RBE5049 Bawditahtaung 14/3/3

RBE5049+RBE2587 Bawditahtaung 14/3/3   RBE5049+RBE2587 Bawditahtaung 14/3/3
   2両ともエンジンをかけ(5049は後位のみ)、総括制御を行っている。

RBE5049の後位台車 Bawditahtaung 14/3/3   RBE5049後位のDT22C台車 Bawditahtaung 14/3/3
   廃車発生品で、軸ばねはエリゴバネ化している。
   「制作番号5079 制作年月昭和40年4月 帝国車輌」

RBE5049+RBT807 Bawditahtaung 14/3/3   RBE5049+RBT807 Bawditahtaung 14/3/3
   ペットボトル漏斗の付いたホースは、砂撒き用。

RBE5049+RBT807 Bawditahtaung 14/3/3   RBE5049+RBT807 Bawditahtaung 14/3/3
   何とブレーキ管を接続している。

RBE5049の室内 Alon 14/3/3   RBE5049の室内 1Dn Alon 14/3/3

RBE5049の室内 Alon 14/3/3   RBE5049の室内 1Dn Alon 14/3/3
   キハ142形は20m車体で2台エンジンの為、一部機器が床上に設置されている。
   オハフ51形時代に便所だった部分を活用。

RBE5049の機器室内部 Bawditahtaung 14/3/3   RBE5049の機器室内部 Bawditahtaung 14/3/3

RBE5049の室内 Bawditahtaung 14/3/3   RBE5049の室内 Bawditahtaung 14/3/3
   プレート類は撤去されている。

RBE5049のデッキ Bawditahtaung 14/3/3   RBE5049のデッキ Bawditahtaung 14/3/3
   ミャンマーらしい箒が置かれている。
   ドアコックの蓋にはオハフ51 21時代の名残が。

RBE5049の運転席 Bawditahtaung 14/3/3   RBE5049の運転席 Bawditahtaung 14/3/3
   ATS未投入防止が開放されておらず、1ノッチと2ノッチの間で一瞬5ノッチに入る際にベルが鳴る。




RBE一覧へ戻る

トップページへ戻る

Tweet