ミャンマーの三陸鉄道 RBE3003 バセイン機関区 15/9/2

RBE3003 三陸鉄道36-1106
配置:Yangon Repair Shop
運用区間:修理待ち
確認日:2015/9/2、2017/2/8、2017/4/20、2017/11/2

 三陸鉄道開業時からの車両は36-100形と36-200形(100形の飲料自販機付ver.)で、当時最先端だった国鉄キハ37形をベースに設計されている。
 2000-2002年にJR東日本485系電車発生品のリクライニングシートに交換した車両は番号が+1000されて、36-106は36-1106になった。

 2009/3/14のダイヤ改正でリクライニングシート車3両が余剰となり、2009/8/27-29にミャンマーへと旅立った。
 リクライニングシート+エアコンの装備を生かし、ミャンマーでは3両ともVIP用として各地で大事にされていた。
 36-1201→RBE3001(Pyinmana) 36-1206→RBE3002(Ywa-Htaung) 36-1106→RBE3003(Pa Thein)

 RBE3001とRBE3002は2014年末にオールロングシート化してストランド通りの路面気動車に転用され、RBE3003だけがVIP用として残っている。

 2016年12月もパテイン機関区内で目撃されているが、2017/2/8はヤンゴン工場に入場していた。
 2017/3/3にはRBE2568+RBE3003の試運転が目撃されている。RBE3003は2017/4/20、11/2時点でも入場中。


36-207+36-1106 08/9/5   5121D 36-207+36-1106 宮古 2008/9/5

36-1106の室内 08/9/5   36-1106の後位デッキ 5121D 2008/9/5
   便所の前は車イススペースとして折り畳みシートを設置。
   簡易な仕切の上部はテレビ、下部はエアコン制御盤。

36-1106の室内 08/9/5   36-1106の前位デッキ 5121D 2008/9/5

36-1106の室内 08/9/5   36-1106の室内 5121D 2008/9/5
   立派なスピーカーが荷棚の上に設置されている。

36-1106の室内 08/9/5   36-1106の座席 5121D 2008/9/5
   上沼垂デラックス車のR55系フリーストップリクライニングシート。
   パイプのフットレストも健在で、安らぎとくつろぎの空間を提供。

RBE2537   「New Light of Myanmar」 2010/7/22号より
   2010/7/21のHinthada-Zalun railroad section開通記念列車
   RBE2557(平筑202)+RBE2556(平筑103)+RBE3003(三陸鉄道36-1106)+RBE2537(平筑107)
   RBE3003+RBE2537はその後もエーヤワディー川西岸各地の開通式に登場している。

RBE3003 Pathein 15/9/2   RBE3003 Pathein Locomotive Shed 2015/9/2
   36-1100は青色だったが、ミャンマーでは36-1200と同じ赤色に変更。

RBE2514+キハ11 ヤンゴン工場 17/2/8   RBE3003 RBE2514+キハ11伊勢車 Yangon Repair Shop 17/2/8
   パテイン機関区からヤンゴン工場までは自動車だと200km程度だが、
   近くにエーヤワディー川を渡る鉄道橋が無い為、鉄道車両は1000km以上かけて回送されている。
   Pathein→Hinthada→Kyangin→Thayet→MalunJunction→Ayeyawady Bridge(Malun)→YwatawJunction→Taungdwingyi→Pyinmana→Yangon

RBE3003 YGN 17/4/20   RBE3003 Yangon Repair Shop 2017/4/20

RBE3003 YGN 17/11/2   RBE3003 Yangon Repair Shop 2017/11/2
   本線寄りの奥の方へ留置。
   塀の上にはキハ40系から取り外したベンチレータが積まれている。



RBE一覧へ戻る

トップページへ戻る

Tweet