ミャンマーの松浦鉄道 Magway 2015/4/25

RBE2554 松浦鉄道MR-123
配置:Magway
運用区間:Magway − Ngwargu (Education College) (GoogleマップではTTC駅) − University of Medicine − Kanpya (Technological University)
確認日:2015/4/25

 1991年製で、2004年9月から2008年12月の引退までラッピング車「大地からの贈物号」として活躍。
 ラッピングの関係か貫通扉は前後とも真っ白になっていた。

 ミャンマーでは2009/12/19開通のMagway-Kanpya railroad sectionで大学の通学用に運行されている。
 2017/7/14時点でも平日のみ運行(学休日運休)で使用中。

 MaKa運休日にAyeyawady Bridge (Malun) の193Up/194Dnを代走し、
 Magway -(回送)- Ywataw Junction − Mi Gyaung Ye − Malun Junction − Minhla
 で走行した事が旅行作家によって確認されている。

 2017/11/27はTaungdwingyi(Googleマップではタングドウィンギーイー)の機関区で目撃されている。
 2018/1/5・3/22(学期末)はMaKaで運行。2018/4/27は休暇期間中のためTaungdwingyiに。
 新年度の2018/6/21もMaKaで運行されている。


   THE NEW LIGHT OF MYANMAR 2009/12/29号 1ページより
   Magway-Kanpya railroad section開通記念列車の先頭に立つRBE2554 2009/12/19

RBE2554 マグウェ 15/4/25   RBE2554 Magway 2015/4/25
   この日は土曜日で大学が休みの為か運休。
   RBE2554専用の車庫で連結器に「Stop」の札を掲げて留置されていた。車輪は光っている。

RBE2554 マグウェ 15/4/25   RBE2554 Magway 2015/4/25
   直射日光が当たる後位前面の帯はペンキで塗り直されている。貫通扉も真っ白から通常の帯入りに変更。

RBE2554 マグウェ 15/4/25   RBE2554 Magway 2015/4/25

RBE2554 マグウェ 15/4/25   RBE2554のエンジン Magway 2015/4/25
   Wikipediaによると、松浦時代にDMF13HSからDMF13HZへ換装されている。

RBE2554 マグウェ 15/4/25   RBE2554の車内 Magway 2015/4/25
   美しい状態を5年以上保ち続けている。

RBE2554 マグウェ 15/4/25   RBE2554の車内 Magway 2015/4/25
   日本語の製造銘板や出入口表示は覆い隠されているが、MR-123のプレートはそのまま。

マグウェ駅時刻表 15/4/25確認   2015/4/25時点の時刻表
   約12.4kmを1日2往復程度走行するのみ。

   MR公式ページでは
   MaKa1 Magway645→Kanpya710
   MaKa2 Kanpya1608→Magway1638
   の1日1往復となっている。

RBE2554 マグウェ 17/7/14   MaKa2 RBE2554 University of Medicine 2017/7/14

RBE2554 マグウェ 17/7/14   MaKa2 RBE2554 University of Medicine〜TTC 2017/7/14

RBE2554 マグウェ 17/7/14   MaKa2 RBE2554 Magway 2017/7/14

RBE2554 マグウェ 17/7/14   MaKa2 RBE2554 Magway 2017/7/14

RBE2554 マグウェ 180621   MaKa2 RBE2554 University of Medicine 2018/6/21

RBE2554 マグウェ 180621   MaKa2 RBE2554 University of Medicine 2018/6/21
   薬科大には神奈中のスクールバスが3台おり、鉄道利用者は少ない。



RBE一覧へ戻る

トップページへ戻る