ミャンマー マダウ線 松浦鉄道 RBE2547 ピョンデンサー 18/2/17

RBE2547 松浦鉄道MR-104
配置:Pyuntaza
運用区間:Pyuntaza − Nyaung Le Bin − Madauk
確認日:13/4/29、13/12/17、14/3/4、14/8/22、14/8/23、14/12/21、14/12/22、16/8/3、16/12/16、18/2/17

 ミャンマーで大量に活躍する元MR-100形のうち、最初に竣工した車両。

 2012年11月にヤンゴン工場で新潟DMF13HSから日産ディーゼルPF6に換装された。

 2013年雨季頃からDRC所属の運用に復帰。
 当初はInsein − Yangon − Togyaunggalay − Thilawa 等で運用。

 2013年12月時点ではHlehlaw-In Lineに入るR8運用専属となっていた。
  701Up DRC→Yangon→Dar Bein→Hlehlaw-In(ヨ)
  702Dn Hlehlaw-In→Dar Bein→Yangon→昼にDRCで給油・整備

 2014/3/4は、運用表で「RBE2547の札が稼動車の色のまま欄外にずらされている」「R8運用の車番が空欄」という状況が発生しており、
 RBE2547はDRCに留置されていた。他の車両による運行も確認できず、何らかの理由で運休になっていた可能性がある。
 その後、2014/5/5に「Hlehlaw-In Lineが2か月ほど運休している」という事が確認されている。
 2014/8/22も引き続き運休でRBE2547は修理待ち扱いになっており、運休は線路修理の為との事だった。

 2016/8/3、12/16時点でもDRCに留置されて苔が生えてきていたが、
 2017/3/7時点の資料ではLRBE専門のPaZunDaung Locomotive Workshop(略称PZT)に入場となっており、
 2017/7/28には復活してピュンタザ(一部写真雑誌ではピョンデンサー)のマダウ線運用で使用されている所が確認されている。
 ピュンタザ配属は2017年6月で、RBE2504と3日おきに交代で使用とのこと。

 2017/11/25-26はRBE2504がPZTに入場しており、マダウ線はRBE2547のみになっていることが確認されている。
 その為、2017/11/2頃にはLRBE56+LRBT+LRBTの代走が発生している。

 2018/2/17の602DnはRBE2547で運行。ピュンタザの予備車は未確認。

 2018/4/15のピュンタザ機関区内では少なくともRBE2547、LRBE56?、LRBE7の3両が確認されていうる。
 2018/4/24の602Dn/601UpはRBE2547で、予備車はLRBE56。


出場を待つRBE2547 Yangon Repair Shop 13/4/29   出場を待つRBE2547 Yangon Repair Shop 2013/4/29

Hlehlaw-In発Yangon行702Dn Pa Zun Daung 13/12/17   Hlehlaw-In発Yangon行702Dn RBE2547
   Dagon University発のya4に追いついて車間詰めまくり。
   Pa Zun Daung 2013/12/17

DRCへの回送 Insein 13/12/17   DRCへの回送 RBE2547
   相変わらずの車間で機外停車中。
   Insein 2013/12/17

Hlehlaw-In行701Upの入線 Yangon 13/12/17   Hlehlaw-In行701Upの入線 RBE2547 Yangon 2013/12/17
   隣は限定運用中のミンゲ工場製新型客車

Hlehlaw-In行701Upの入線 Yangon 13/12/17   Hlehlaw-In行701Upの入線 RBE2547 Yangon 2013/12/17
   長いホームの先端に単行RBE
   ホーム中央付近で待っていた人「どこまで行っちゃうの〜」

RBE2547の機関 Yangon 13/12/17   RBE2547のエンジン 701Up Yangon 2013/12/17
   PF6なのでシリンダヘッドカバーの形状がLE-carとは異なる。
   フレームはLE-carと同一形状。

Hlehlaw-In行701Up Yangon 13/12/17   701Up RBE2547 Yangon 2013/12/17
   前面窓には、剥がれかけたレイローインの文字とサボが貼付されている。

Hlehlaw-In行701Up Yangon 13/12/17   701Up RBE2547 Yangon 2013/12/17

RBE2547 DRC 14/3/4   RBE2547 DRC 2014/3/4
   推進軸が無いRBE2546と変速機整備中のRBE2567に挟まれている。
   RBE2547は推進軸有。

RBE2547の室内 DRC 14/3/4   RBE2547の室内 DRC 2014/3/4

RBE2547の室内 DRC 14/3/4   RBE2547の室内 DRC 2014/3/4

RBE2547の室内 DRC 14/3/4   RBE2547の室内 DRC 2014/3/4
   ステッカーは「列車が止まる前の乗車/降車」に関するもの。
   最後の4文字が解読できず。

RBE2547の運転台 DRC 14/3/4   RBE2547の運転台 DRC 2014/3/4

RBE2547   RBE2547 DRC 2016/8/3

RBE2547   RBE2547 DRC 2016/12/16

マダウ線 RBE2547 18/2/17   602Dn RBE2547 Madauk 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   602Dn RBE2547 Madauk 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   602Dn RBE2547 Madauk 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   602Dn RBE2547 Madauk 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   602Dn RBE2547 Madauk 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   602Dn RBE2547 Madauk 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   602Dn RBE2547 Madauk 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   602Dn RBE2547 Madauk 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   RBE2547のエンジン 602Dn Madauk 2018/2/17
   PF6からPE6HT03に変わっている。

マダウ線 RBE2547 18/2/17   RBE2547の前位車内 602Dn Madauk 2018/2/17
   吊革と小さなエンジン点検口が設置された。

マダウ線 RBE2547 18/2/17   RBE2547の前位車内 602Dn Madauk 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   RBE2547の後位車内 602Dn Madauk 2018/2/17
   PZTらしい真っ黒塗装の床だったようだ。

マダウ線 RBE2547 18/2/17   RBE2547の後位車内 602Dn Madauk 2018/2/17
   座席にはえんじ色のカバーがかけられている。

マダウ線 RBE2547 18/2/17   RBE2547の後位車内 602Dn Madauk 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   RBE2547の前位運転台 602Dn Nyaung Le Bin 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   RBE2547の後位運転台 602Dn Madauk 2018/2/17

マダウ線 LRBE 転車台 18/2/17   LRBE用転車台 Madauk 2018/2/17

2001年のマダウ線   NHKハイビジョンスペシャルより、2001年1月頃のマダウ駅。
   朝7時、ピュンタザからのSL列車が2番線に到着。
   1番線ではカーヤターが発車しようとしている。

   その後、SL運用2往復が列車ごと廃止となり、
   カーヤター運用1往復だけが残った。

2018年のマダウ線   17年後のマダウ駅。
   602Dn RBE2547 Madauk 2018/2/17

2001年のマダウ線   NHKハイビジョンスペシャルより、2001年1月頃のパズンミャン駅。
   素焼き製品(壺・鍋・貯金箱)を大量に積み込んでいた。

2018年のマダウ線   17年後のパズンミャン駅。
   602Dn RBE2547 Pu Zun Myaung 2018/2/17

2018年のマダウ線   籠に盛られた素焼きの壺が積み込まれた。
   602Dn RBE2547 Pu Zun Myaung 2018/2/17

マダウ線 RBE2547 18/2/17   Nyaung Le Bin 2018/2/17
   壺を運ぶ女性は機外停車の時に下車された。

マダウ線 RBE2547 18/2/17   602Dn RBE2547 Nyaung Le Bin〜Nga Htet Gyi 2018/2/17
   マダウ線からヤンゴンマンダレー線に入る。
   殆どの乗客はニャウンレービンで下車。

マダウ線 RBE2547 18/2/17   602Dn RBE2547 Pyuntaza 2018/2/17
   ピュンタザ(一部写真雑誌ではピョンデンサー)に到着。
   Nga Htet Gyiは乗降が無く通過だった。

マダウ線 RBE2547 18/2/17   602Dn RBE2547 Pyuntaza 2018/2/17
   機関区に入区。

2018年のマダウ線   602Dn RBE2547 Madauk〜Sa Hkan Tha  2018/4/24

2018年のマダウ線   602Dn RBE2547 Pu Zun Myaung 2018/4/24

2018年のマダウ線   602Dn RBE2547 Nga Htet Gyi(乗降が無く通過) 2018/4/24

マダウ線 RBE2547 18/4/24   601Up RBE2547 Pyuntaza 2018/4/24

マダウ線 RBE2547 18/4/24   601Up RBE2547 Nyaung Le Bin〜Pu Zun Myaung 2018/4/24



RBE一覧へ戻る

トップページへ戻る

Tweet