ブログ
  モービルハム>ハンディ トランシーバー改 IC-3S | C460 | オールモード機 TR851D /バイコニカルアンテナ CBC-70周波数帳

  モービルHAM
     自動車に430MHz FM トランシーバーを搭載し、アマチュア無線(モービルハム)を運用できるようにしています
写真をクリック! 写真をクリック! 写真をクリック!
1.無線機
  KENWOOD TM-441S (最大出力35W)
  430MHz FM/受信改造済み

  アマチュア無線には免許が必要であり、移動通信局として認可される最大出力の上限である50Wの免許を受けている

  改造方法は緑色のループラインを切断する
  TM-441S改造後のリセット方法は、『【MR】ボタンを押しながら電源をオン』
  さらに、900MHz用のアンテナラインを接続する必要がある

  改造後の受信範囲:340〜470MHz/850〜950MHz(バンドの切り替えは【MHz】ボタンを長押し)

2.モービルマイク
  単一指向性のエレクトレット・コンデンサー・マイクロホン(ECM)
  ハンズフリーのフレキシブルタイプである

  車載用のフレキシブルチューブではなく腰が弱いので、運用中、車の振動によりマイクの位置が変わってしまうことがあるのが難点


搭載している自動車は…↓
トヨタ イプサム240
3.PTTスイッチ
  PTTスイッチはオーバードライブオフスイッチを兼用させており、モーメンタリ/オルタネイトの2モード機能がある

  このPTTシステムはPICマイコンを利用して構築している
  外付けスイッチなどを必要とせず、非常にスマートである

PICチップ


写真をクリック!
4.オンエアモニター
  PTTスイッチはプッシュスイッチであることから、送受信の状態判別は容易ではないため、送信中であることをLED点灯にて表示させている
  また、PTTシステムにおいて、無変調防止機能を備えている

5.アンテナ&基台
  アルミプレートを切り出し、ルーフレールのジョイント部に取付
  このプレートにM型コネクタを取付け、小型のアンテナを装備できるようにしている

  固定用アンテナ追加 : HS-FOX75

6.ノイズフィルタ
  オルタネーターノイズ対策として市販のフィルタを取り付けている
 

7.430MHzバンドプラン  (引用:総務省告示「アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別」(平成16年1月13日施行)等による)

  広帯域アナログFM(F3E)の電波を出すことができるのは上記赤枠の周波数範囲及びレピータ利用とされている

  ここで『広帯域』とは、「電波の占有周波数帯幅が6kHzを超えるもの」とされている(狭帯域:電波の占有周波数帯幅が6kHz以下のもの)
  
  420〜430MHzは、連絡無線、データ伝送装置、医療用テレメータ等の免許を要しない無線局(特定小電力無線局)
  440〜470MHzは、@タクシー無線、鉄道・バス等の貨客運送事業、NTT東西の加入者線災害対策臨時電話、放送事業者の音声番組中継、A連絡無線、データ伝送装置、医療用テレメータ等の免許を要しない無線局(特定小電力無線局)



無線掲示板
モービル無線スレッド
2005年5月から適用となった
新様式の無線局事項書及び工事設計書(PDF)
一太郎ファイル(47kB) →  一太郎ファイル(47kB)
エクセルファイル(49kB) → エクセルファイル(49kB)
ブログ
ハンディ トランシーバーチューニング方法
ICOM IC3S/STANDARD C460

PICチップ利用による電子工作集
Counter



掲載内容の判断や施工する際は、全て自己責任に基づき実行して下さい
無断転用をお断りします

Copyright(C) 2003-2006all rights reserved