葵のホームページへようこそ!               

 




ベートゥーベン交響曲第九番歓喜の歌(合唱付き)
シラー作詞

おお友よ、こうした音でなく
もっと心地よい
喜びにみちた歌を歌おう。

歓喜よ、神々の美しい火花よ
楽園から来た娘たちよ。

私たちは今、火花に酔いしれ
天の上なる者よ、あなたの聖域に入ってゆく。

世の流れがひどく分けていたものを
あなたの魔法が、再び一つに結び合わせ、
あなたの柔らかな羽のやすむところで
すべての人は兄弟になる。

ひとりの友達の友達になるという
大きな成功を勝ち得たものよ
諸君の歓喜の声をここにまじえるがいい。

そうだ、この地上で誰かひとりだけでも
自分のものと呼べるひとなら!
そしてそれをついぞ成し得なかった者は
泣きながらこの集いから立ち去るがよい。

すべてこの世に在るものは
自然の乳房から喜びを飲む。
善きものも悪しき者もすべて
自然が作ったバラの道を進む。

口づけとぶどう酒を自然が私たちに与え
死の試練で証明された真の友をも授けてくれた。

肉体の喜びは虫けらに投げ与えられ
神の御前にはケルビムが立っている。
(知天使)

喜べ 神の太陽が 天の輝かしい
広場を飛んでいくように
兄弟たちよ 凱旋する英雄のように
君たちも喜びにみちて、自分の道を進むがいい。

抱き合え 幾百万の者たちよ
この口付けを全世界に広めよ。

兄弟たちよ あの星空のテントの上に
愛しい父が住んでいるに違いない。

幾百万の者たちよ 跪いているか?
世界よ 創造主を感じるか?
星空のテントの上に彼を探し求めよ。
彼は星々のかなたに住んでいるに違いない。


皇太子様 45歳の記念日に紹介した詩【子ども】

 

批判ばかりされた子どもは

非難することをおぼえる。

 

殴られて大きくなった子どもは

力にたよることをおぼえる

 

皮肉にさらされた子どもは

鈍い良心のもちぬしとなる

 

しかし、激励をうけた子どもは

自信をおぼえる

 

寛容にであった子どもは

忍耐をおぼえる

 

賞賛をうけた子どもは

評価することをおぼえる

 

フエアプレーを経験した子どもは

公正をおぼえる

 

友情を知る子どもは

親切をおぼえる

 

安心を経験した子どもは

信頼をおぼえる

 

可愛がられ抱きしめられた子どもは

世界中の愛情をかんじることをおぼえる

 

(スウエーデンの中学教科書から抜粋)

              

         

             

      

                                                    

                                 

                                 

                             

                              

ようこそお訪ねくださいました。
コーヒーでも召し上がりながらゆっくりお過ごしください。       

                       

地下鉄七隈線賛歌
(作詞SNF有志)
鉄道唱歌のメロディ◆

♪〜〜〜地下鉄七隈線〜〜♪



@2005年如月に緑のラインも爽やかに           H茶畑あった土地という 昔の景色は変わっても
橋本駅を走りだす福岡地下鉄七隈線          茶山 茶所 縁どころ電車で会うのも他生の縁
  Aあっという間に次郎丸まるまる太った幼子は   I別府と書いて別府(べふ)と読む別府小学校
懐かしい
 母の胸でにっこりと
見知らぬ人と笑み交わす          向かいの席に据わる人幼い頃の君に似て

Bふるさと見守る賀茂神社ナマズの伝説語り継ぎ   J桶井川河口の草が江の入り江の松も時を超え
賀茂駅誕生これからは新たに始まる物語           姿消えて残る名の六本松駅待ち合わせ
 C椿水路のめぐる町野芥の駅からおばあさん       K乗る乗らない花占い思いがつのる桜坂
さっと席立つ中学生車内が和む思いやり     今日も会えたらほほえんで軽い会釈をしてみよか

D梅に鶯梅林(うめばやし)会話が弾む二人連れ   L動物園に植物園ドアーが開くのを待ちかねる
小さなつぼみの恋もあり電車の中にも春の風        輝く笑顔のこどもたち降りる薬院大通り
E福大前でおりた人あれは先生か学生か          M薬草園があったとか歴史に残る薬院の
長髪Gパンスニーカー鞄を小脇には走り去る   名前の効き目かすっきりと二日酔いも消えたよな

F七隈駅から車椅子転がし乗ってきた人に    N渡辺通りの駅の名にちんちん電車を走らせた
手伝うことがあったならいつでもどうぞと側に立つ  渡辺翁を偲びつつ今日は地下鉄走りゆく
Gお金に縁はないけれど金山駅から夢乗せて        O七隈線が滑り込む天神南駅からは
優しさ乗せて愛を乗せ地下鉄走る虹の山       東へ南へ未来へと福岡地下鉄とおりゃんせ



♪〜〜〜地下鉄七隈線〜〜♪


子どもの記憶に残る戦争 SNF博多どんたく初出場 つれづれなるままに mailの部屋
葵のデジカメ 日記 二見ケ浦物語 SNF卓球同好会
myhome
葵のアルバム シニアネット福 岡 天気予報


つれづれなるままに(更新中)

mailの部屋(更新中)

葵のデジカメ日記(更新中)
                                                             

『今日を人生最後の日と思って生きる
今日の日が永遠に続くと思って生きる』
(朝日天声人語より)


〜からだに免疫力をつける〜

ストレスをなくして自律神経を整える
つめの生え際を強く刺激する
発酵食品で腸内環境を整える
ビタミンAで粘膜を丈夫に
香味野菜の香りで免疫力アップ
ショウガ・紅茶でからだを温める
シャワーでなくお風呂に入る
(三浦雄一郎氏の免疫向上術より)




若さを保つスタミナジュース

小松菜  50g
ゴーヤ50g
バナナ小1本
しょうが1かけ
氷4〜5片
牛乳100CC ・豆乳100cc
オリーブオイル(少量)
バジル・パセリ(あれば・・)
黄な粉・茶・いりゴマ・
蜂蜜

以上をミキサーにかけて90秒くらい
(ゴーヤは中の綿・種もそのまま輪きりにする))
小松菜は2CMくらいの小口切りにしておくと便利です



                          (BGMは横山氏にいただいております)


青春とは人生のある期間をいうのではなく
心の様相をいうのだ。
優れた創造力・たくましき意思・炎ゆる情熱…
こういう様相をいうのだ。
年を重ねただけで人は老いない。
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失うときに
精神はしぼむ。
人は信念とともに若く疑惑とともに老いる。
人は自信とともに若く、恐怖とともに老いる。
希望ある限り若く、失望とともに老い朽ちる。


〜サミュエル・ウルマン…青春〜


 一口メモ♪
年をとったらW老人”になるのではなく
自分のために生き
人生を愉しむのだ。
(田丸美寿々)



更新 2005・10・1


メールはこちらへ

iいつもお訪ねくださってありがとうございます。
ご感想などいただけたら励みになります。
脳の老化防止にHPの更新を心がけています。
     どうぞご気軽に書き込みください。  by葵