トップページへ戻る

毎日の散歩の記録です。温泉町の住人(花や鳥)の毎日の姿をお知らせします。

2011年5月12日(木)
久しぶりに
2010年3月28日(水)
のんびりと旅立ちの準備
最後までのんびりと過ごした のどかさんでした。私が姿を見たのはこの日が最後です。
2010年3月26日(金)
紫木蓮も葉が展開
シモクレンも葉が展開する季節になりました。ここでもポーズ・・・
2010年3月22日(木)
畑に出没

葱畑で

蝶も舞う

玄関で私を見送るのどかさん


コサギ見下ろす
ちょっと行動範囲が変わったころ・・・・私がいつも見つめられているようでした。
2010年3月17日(水)
ヒメオドリコソウと

ホトケノザの花の中を行く

スズメと

ヒメオドリコソウと
一日中庭を回っていたころです。あまりのんびりとしているので私は”のどか”さんと呼び始めました。
2010年3月12日(金)
紫木蓮満開

子供連れのバーダーも
(ロフトからのぞく子ども)
楽しい観察会でした
姿を見せたころかたいつぼみだった紫木蓮も満開になりました。玄関の前で・・・
2010年3月5日(金) 3月11日(木)
雨の日も 雪の日もでも




雨の日も きつい霜の日も 雪の日も6:30の夜明けのころに窓を覗くように現れていました。大雪の降った11日以来
ちょっと暖かくなる10:00頃から姿を見せて、一日中我が家の周りを 土をほじくって回っていました。南天の実は食べつくしてしまった頃です。
2010年3月3日(水)
南天の実に夢中



カメラマンの前でも、いつもどうり…南天を食べるのに夢中です。時にはポーズも・・・
2010年3月1日(月)
ポーズ

「こっち向いて」


「あっち向いて」

「横向いて」
”ノドアカツグミ”のようだと 仲間から前から後ろから 横から証拠写真を撮っておいてくださいと言われた頃・・・
「こっち向いて」と声をかけるとこっちを向き、「あっち向いて」と声をかけるとあっちを向き何とも不思議な鳥でした。、
2010年2月27日(土)
人吉の野鳥の会の仲間にメール
「変なシロハラ」と人吉の野鳥の会の仲間にメール
2010年2月20日(土)
変なシロハラ
シロちゃんと呼ぶとこっちを向くので なんか変だなと思った頃です。
2009年8月23日(日)
処暑 あという間に稲の花咲く季節になりした。

稲の花咲く

女郎花の花見つけた

朝顔は秋の花

越夏したオオバン
がいく

球磨川は今

アオギリの花

田植えから稲の花が咲く間は2か月・・・毎日見ている光景ですが驚きます。
2009年6月22日(月)
夏至・・みんな水の中

田んぼの中から
日の出

わが家も水の中

田植え


オレガノは
朝食のテーブル

紅取丘も水の中

夏を越す?オオバン


アオサギ


ダイサギ
日の出と同時に散歩に・・・田んぼの中から出た朝日を見ながら 休日の今日はゆったり散歩です。
2009年6月19日(金)
合歓の花咲く

合歓の花

夏の空

チュウサギ

わが家の玄関も夏

初なりなすび

今朝の日の出

越夏のオオバン

in温泉町
散歩道もすっかり夏・・・日の出も北の極みに移動して・・・夏の花も咲きそろい始めています。
2009年6月14日(日)
蓮の花が咲いた
青井さんの蓮池で
一番咲きの蓮を
見つけた
5:30
青井さんのご門

鶏が鳴く

ヒメジョンの向こうに
日の出

オオバンの大あくび
今年の一番咲きの 蓮の花に出会いました。オオバンが温泉町に・・・今年も北の国に帰らず
越夏するようです。
2009年6月13日(土)
ネムの花が咲いた 

頭無川のネムノキ

田植え真最中

隣の田んぼで

楽しそうに

水浴び
ムクドリ

ヒメジオン

ベニシジミ
わが家の周りでは 一番遅い方の田上が始まりました。我が家ももうすぐ湖の上。ネムノキの花も ヒメジオンも
ベニシジミもこの季節の主役です。このネムノキで 今朝はヤマセミが騒いでいました。
2009年6月10日(水)
梅雨入り

梅雨入りの日に
初開花
ハイビスカス


鳶も雨にぬれて


ツクシノイバラに
ホオジロを見つけた

アマサギ


ツクシノイバラの花の少し残る河原で

ダイサギ
わが家の周りでやっと 田植えが始まりました。天気予報では昨日梅雨入り・・・わが家の周りは湖のようで とても素敵な季節です。
2009年6月5日(金)
久しぶりに

アスチルベ
散歩の相棒
サクラ

ドクダミも
花盛り
ヒメシャラもさいた

散歩道

玄関には
イワガラミ
カメラを持って庭を一周・・・片隅に見逃していた 花たちが素晴らしい花を咲かせていました。しっかり写しとかなければ・・・
2009年6月4日(木)
久し振りに
久しぶりにホームページを 更新しています。2004年 ホームページを開いて5年が経ちました。
とても素敵な詩に出会いました。
     
       幸せ        谷口恵美子
 
「美しいですね」と私が云うと
 「本当に そうですね」と応えてくれる人が そばにいるとよい
 幸せな人生とは
 そのような人に出会うことでしょうか
 私が 
 相手の言葉にやさしく応えられれば  
 二人とも幸せ


何も知らずに 私がどうにか手探りでホームページを作れたのは ”そういうあなたに 会いたかった”からだと この詩をよんで思いました。そして この5年 どの日も その言葉を いいつづけてこられたられたことが とても幸せです。
忙しくて 散歩に行けないこともあるけれど 写真を整理する時間もない日があるけれど 
「美しいですね」と話しかけられる人いることがとても嬉しいと思った 今日でした。
2008年2月2日(土)

メジロ


我が家の外に
キジが・・・
マミチャジナイ
ヒドリガモが
通せんぼ

セグロセキレイ
ヨシガモ
一日 冷たい雨が降り続きました。小止みになると小鳥たちが 次々に現れます。窓の外を ヤマセミのペアが 村山台地の方角に飛んでいきました。メジロ ジョウビタキ シジュウカラ ムクドリ ヒヨドリ スズメ アオジ シロハラ・・・最後にツグミ 小雨の中散歩に出るとアカハラに似た マミチャジナイという名の鳥に出会いました。私の散歩道を ヒドリガモが通せんぼしていました。
カメラを向けながら、引き返そうかと迷いましたが、静かに道をあけてくれました。川面いっぱいを イワツバメ セグロセキレイ ハクセキレイ キセキレイ イソシギが飛び交います。ヨシガモもこのごろは、私の散歩道の常連です。オオバンも挨拶するように寄ってきました。
我が家に帰り着いたところで、窓の外の田んぼでキジが草のみを食べておりました。
ここでも 邪魔したら悪いかな・・・とカメラにおさめていたら ゆっくりと草むらの中に帰っていきました。
2007年11月29日(木)
チョウゲンボウ

ジョウビタキ♀
チョウゲンボウ
とトビ

飛ぶ

カワウ


碇で待つ
ハクセキレイと
ツーショット

白鷺が追う

釣り船で待つ

カワラヒワが舞う


ここでも待っていた
月末の重い重い仕事が一段落すんだ 昼過ぎに散歩に出ました。カワウがにぎやかに飛ぶ後を白鷺たちが水面すれすれに追います。釣り人も さぞ驚いただろうと思います。チョウゲンボウがいました今日こそかっこいい飛翔を捉えようと カメラを構えますが、まるで待っているように動きません。私とサクラとサチの先導をするかのように、目の前を行きます。にぎやかにカワラヒワも飛び回ります。とうとう空を飛ぶチョウゲンボウを撮れなかった。ごめんね。いつものことながら、腕の未熟のせいでで すてきチャンスを逃しています。
2007年11月25日(日)
温泉町探鳥会

朝7:00霧の中

あさ10:00


朝9:30
霧の中まだ

探鳥会開始

お昼には
球磨川下りも通る
今日は 温泉町私のフィールドでBird Watching 宮崎や熊本からもすごいスコープやカメラを持った人たちも参加していました。朝7:00霧の中からまずカワウの大集団の羽音 ヒドリガモ ヤマセミ カワラヒワ
カイツブリetcの声が聞こえていつもどおりの夜明けでした。探鳥会開始の9:30はまだ霧の世界・・・・10:00には太陽も顔を見せて  球磨川下りの通るごとにかもが飛び回ります。この日の観察した鳥たち40種・・いつもとちょっと違うのは 鳥が静かだったな・・・キジも ヒバリも・・・・ヤマセミ姿を現したけれど静かでした。
2007年11月20日(火)
かもを撮りに

ヒドリガモ

ヨシガモ

コガモ

ジョウビタキ
日曜日に 友に温泉町のカモの写真を送ると 約束したけれど、一番いつもいる ヒドリガモと
コガモと写真が気に入らないので デジスコを担いで球磨川に行きました。
送ったのは ヒドリガモ コガモ マガモ カルガモ ヨシガモ オカヨシガモ オナガガモ 水鳥のカイツブリ
オオバン バンを送りました。
2007年11月19日(月)
初霜

朝7:00


霜に打たれて


矢黒の縁には氷が・・・
カワセミ

市房がくっきりと

チョウゲンボウに
追われて・・ヤマセミ
車のフロントガラスがコチコチに凍りました。市房が朝日のの中でくっきり見えるのもこんな日です。矢黒の淵にも氷が張っていました。ヤマセミがチョウゲンボウに追われて動けなくなって 石の上にじっとしている姿を見ました。
2007年11月16日(金)
カワラヒワ


カワラヒワが
飛び回る散歩道

ヤマセミも

アオジも

カイツムリの親子

ヨシガモ
私の散歩道は キリリコロロと鳴きながら飛び回るカワラヒワでいっぱいです。ヤマセミも アオジもカイツムリの親子もにぎやかに、朝のご挨拶。
2007年11月15日(木)
ヒメノボタン

ヒメノボタン

ジョウビタキ♀

霧の中で
ヤマセミ

サクラも
寒さよけ
我が家のヒメノボタン 霜が降りる頃に蕾をいっぱいつけます。私は霜にやられないように、いっぱい切花にして 霜が降りた後も部屋の中で花を咲かせるのが毎年のことです。
2007年11月12日(月)
小春日和

葱洗い

コオニタビラコ

メタセコイア

葱をそうじ
久しぶりに 小春日和の真昼 サクラとサチをつれて歩きました。葱の収穫が始まっています。
春の七草 コオニタビラコも もう花をつけています。
2007年11月10日(土)
カワウ登場
カワウの朝食
飛ぶ
タヒバリ

ケヤキ輝く
ケヤキが 朝日に輝いていました。球磨川には この冬初めてのカワウたちが登場しました。
20〜30羽にぎやかに水にもぐっていました。
2007年11月3日(土)
霧の中で

カイツブリ

モス

ヤマセミ

コガモ

アオサギ

カイツムリ幼鳥

霧の奥から
聞こえる

ホオジロのペア
7時 球磨川に下り立つと霧の世界です。霧の中から にぎやかな声が聞こえます。コガモ ヒドリガモ キジカイツブリ ヤマセミ アオジ クサシギ イソシギ・・・・きりが晴れると小春日和の 快晴です。
2007年10月31日(水)
ノゴマ

網の上でデート

アオサギ

ヤマセミ

オオバン

カイツブリ

オオバンのペア

ヒドリガモ

マガモ

ノゴマ

キジバトも・・・

カワガラス
気持ちのいい朝でした。あっちこっちでペアを見かけます。散歩の終わりに シロハラと思って写した写真を見たら のどの真っ赤なノゴマだったので驚きました。
2007年10月28日(日)
ギター

霧の中でオオバン

ここが私の練習場


メダカが泳ぐ

日曜の釣り人

すぐ横で
私のギターを聴く
ノビタキ

霧が走る

カイツブリが走る

チョウゲンボウ
7時霧の晴れ始めた球磨川に座りました。霧が川面を走ります。その奥からヤマセミの声、ヒドリガモの声・・・・私は霧に目を泳がせながら、ギターの練習・・・足元では時折さす朝日に メダカたちが動きます。カイツブリが水面を走ります。もう後一歩でノビタキが私の肩にとまって歌いそう・・・そんな朝でした。9時立ち上がったとき チョウゲンボウが現れました。長い長い旅をしてきた気分でした。
2007年10月19日(金)
ノビタキ

イソシギ


ノビタキ♂


ノビタキ♀

ヒドリガモ
深い霧の朝と 朝日に輝く朝が交互に楽しめるこのごろです。ノビタキがポーズをするので、写し始めると
帰れません。ジョウビタキも我が家の庭に帰ってきました。
2007年10月18日(木)
オオバンが3羽



霧の中から
キンモクセイが香る

けさは
オオバン3羽

ノビタキ

カワラヒワ

カワラヒワ飛ぶ
3羽一緒のオオバンを 温泉町で見たのは初めてです。霧の中からキンモクセイも香ります。ノビタキも10羽くらいの群れでいるようです。カワラヒワは10羽、50羽と集団で飛び回っています。
2007年10月8日(月)
ススキあれこれ
刈萱とブタクサ

オギ

オカルカヤ

オギ

ヨメナ


ツルヨシ


ツルヨシにセッカ
私の散歩道は 今ブタクサとカルカヤオギに縁取られて すてきです。
2007年10月4日(木)
朝の光の中で

トビ

カワセミ


イソシギ

コサギ&ゴイサギ

セッカ

オオバン
さわやかな秋の朝、光の中で何もかもが輝いていました。
2007年9月27日(木)
サクラとサチ

セッカ
カイツブリ
私のいつもの散歩を、通りかかった野鳥の会の方が対岸の小柿から写して、メールで送ってくれました。
セッカを写しているところです。サクラとサチはいつもこんな風におりこうさんをして 私を待っていてくれるのです。親子のカイツブリも見かけました。
2007年9月12日(水)
セイタカシギ
2007年8月21日(火)
オオバン

2007年7月30日(月)〜 8月10日
ヒクイナの声が聞こえる
2007年7月2日(月)
カルガモ一家

ヤマセミも・・・
総勢9羽のカルガモ一家と出会いました。子供たちもかなり大きくなっていますが 草のみと戯れたり
兄弟にちょっかいを出したり 楽しそうです。
2007年6月30日(土)
満月


アマサギ

夕暮れ

サクラ

ヒメジオンがなびく
もう水面が見えなくなるくらい 稲はぐんぐん育っています。不安定な天気の続くこのごろ 今日は9時ごろ満月が姿を見せました。
2007年6月26日(火)
ヒヨドリ


ノウゼンカズラの蜜を吸うヒヨドリ
さっきまでどしゃぶりだったと思うと 晴れ上がったり 不安定な天気が続いています。虹が目の前に立っていて驚くことがしばしばです。我が家のノウゼンカズラの 花の蜜をヒヨドリはホバリングしながら吸います。そのうちにその現場を写そうと狙っているのですが・・・
2007年6月20日(水)
ねむの花が咲いた

合歓の木

濁流を見つめる
ヤマセミ

ノウゼンカズラ


イカルチドリ

水浴び



カワラヒワ

ヤマモモ


我が家も
田んぼに浮かぶ
よそでは早くから見かけていたねむの花 我が家の窓辺にやっと咲きました。ノウゼンカズラも 今年は5日ほど開花が遅れました。イカルチドリも 卵を抱いているのでしょう。姿はなかなか見つかられませんが 今日は鳴き声で見つけました。
2007年6月17日(日)
田植えの後に 虹の橋

田んぼに虹が


はすの花が咲いた

球磨川にも
私の散歩道

我が家も
緑のダムの上
田植えの終わった後の温泉町は すっかり水の上・・・我が家も 緑のダムに浮いているようです。
2007年6月14日(木)
アマサギ

アマサギ

ゴイサギ



トビ

モズもここがすみか?
田植えと アマサギはしっかりつながっているようです。ゴイサギもこの頃に出てきます。杉のてっぺんに
トビとモズが一緒にないていました。
2007年6月12日(火)
アカショウビンの声が聞こえる
姪が描いた
アカショウビン

我が家にさいた
ヒメシャラ

ヒメジオンには
紅シジミがよく似合う


ヒメジオンの咲く球磨川
朝5時 アカショウビンの声が我が家まで聞こえてきました。鶏や キジやスズメや、我が家の犬の鳴き声に混じえながら 30分ほど録音しました。水恋鳥・・・今年はまだ本格的に入梅していず 田植えもままならぬこのごろですが 梅雨を知らせる水恋鳥は 温泉町にもやってきました。 
2007年6月11日(月)
おしどり

ツバメと
オシドリ

ギシギシ

オシドリ


ヒメジオンの咲く
球磨川


夜明け
冬は隣の窓から昇る

我が家も
湖の上

ミクリの咲く
頭無川

夕暮れの
球磨川
おしどりを わがフィールドで見たのは 2度目か3度目です。この時期ならぬときに 万江川の打ち出しで泳いでいたおしどりのペアは、万江川の山奥から 川下りしてきたのかな・・・と推理しています。

◆画像をクリックすると拡大表示されます◆

トップページへ戻る

花散歩鳥散歩