狭山不動寺


トップへ
トップへ
戻る
戻る





1975年(昭和50年) - 西武グループが各地のプリンスホテルを開発する際に、芝増上寺をはじめとする各地の
文化財をこの地に集め、西武鉄道グループが、当時のオーナーであった堤義明と親しかった寛永寺の助力によ
り、天台宗別格本山として建立した。

狭山不動尊



 宗派: 天台宗別格本山。
 山号: 狭山山。
 寺号: 不動寺。
 本尊: 不動明王。
 
 住所: 埼玉県所沢市上山口2214 
  Tel : 04-2928-0020
 
 交通アクセス
 西武狭山線・山口線(レオライナー) 西武球場前駅
 から徒歩5分
 
 

狭山山不動寺入口





勅額門(重要文化財)

     
元、東京芝の徳川家大徳院一品 大相国公(二代将軍秀忠
公)の御廟に建立されていたものである。
寛永9年(1632)孝養報恩の志をのべたいと三代将軍従一位
左大臣徳川家光公が着手し建立したもので、現在国指定の
重要文化財となっている。
構造形式、四脚門、銅板葺、切妻造り。


勅額門



勅額門と御神木




御神木


  この銀杏の大木は江戸城を築いた太田道灌
  が城砦を構えていた城山城跡にあったもので
  ある。
  その後区画整理の際樹齢500年のこの大木
  を伐るに忍びず、当境内に移植して造化して
  保存することにしたものです。

勅額門と御神木


_________________________

御成門(国指定重要文化財)


元、東京芝の徳川家大徳院(二代将軍秀忠)の御廟に建立さ
れていたものである。
飛天の彫刻や絵画が多く描かれておりおり朝鮮渡来の天人門
といわれている。
寛永9年(1632)三代将軍従一位左大臣徳川家光公が着手建
立し格天井の中央に丸い鏡天井が設けられ
珍しい特徴を伝えている。
構造形式、単層門、銅瓦葺、切妻造り。






御成門




御成門



__________________________



総門


元長州(現在の山口県)藩主、毛利家の江戸屋敷に建てられ
た門である。
素材はすべてケヤキで造れれ、直線がたくみに組み合わされ
ておりいかにも武家屋敷のふさわしく表現されている。
清廉豪快で質素ななかにも威風堂々としており気品も高くめず
らしい門である。

総門


__________________________


本堂




本堂



本堂祭殿




            本堂・総門・第一多宝塔



__________________________

第一多宝塔





第一多宝塔傍に建つ宝塔



勅額門 : 増上寺にあった徳川秀忠(台徳院)
         の廟から移設した。後水尾天皇の
         筆により『勅額』門とされる。

御成門 : 増上寺にあった徳川秀忠(台徳院)                の廟から移設した。

丁子門 : 増上寺にあった崇源院(お江の方)                霊廟から移設した。

   駐車場:  あり(無料)
        スペースは15台のみ、ほかは西武ドーム有料
         駐車場を利用 



羅漢堂山門





羅漢堂山門扉



羅漢堂山門

 
 昭和29年、虎ノ門、元田中平八郎氏邸より移築したも
 のである。氏は海外貿易で天下の糸平といわれた生糸
 商人で有名である。


羅漢堂

   
明治の元勲として有名な故井上肇公が還暦祝賀の際、
明治天皇、昭憲皇太后、両陛下の御下腸金を基として
明治28年(1895)4月、公が内務大臣の時、
山県有朋、伊藤博文、大隈重信等の発起で、三井、
鴻池、住友、岩崎、その他の財界の名士により寿象と
供に奈良二月堂の経蔵を模倣し、名工根本茂樹によって
公の屋敷内に建立されたもので、昭和20年4月、戦災で
、このお堂だけが残り、当主井上三郎氏が寄贈し、
境内内に移築されました。

唐金燈籠

 東京芝徳川家大徳院霊廟に建てられたもので、全国の
 大名から献納されたものである。




羅漢堂と唐金灯籠



_________________________

弁天堂



 
弁天堂


  弁天堂(旧清涼寺経堂)
  このお堂は滋賀県彦根市吉沢町の清涼寺に井伊直孝
  息女が父直孝の追善菩提のため建立したものである。
  建立の時代は万治2年(1659)より元禄6年(1693)の間
  と考えられます。昭和23年8月当境内に移築され、その   後弁財天をお祀りした。

  弁財天
  このお堂の御本尊は上野不忍池弁天堂の御本尊であ   る、大弁財天の分身として、古く東叡山寛永寺山内の
  現龍院にお祀りされていた尊天である。
  この度当山の開創にあたり、御尊天をお迎えいたしま
  した。
_________________________

大黒堂(旧歌塚堂)



         大黒堂(旧歌塚堂)
 このお堂は歌聖柿本人麿のゆかりの地、奈良
 極楽寺境内に建立された人麿の歌塚堂である。

 当時の歌人達が歌会を開いた堂宇であると伝え られている。昭和38年5月、当境内に移築され、 後大黒天をお祀りした。
    大黒天
 このお堂の御本尊は東叡山寛永寺山内の見明  院に奉安されていた尊天である。この度、当山の 開創にあたり御尊天をお迎えいたしました。

_________________________

第二多宝塔




第二多宝塔と並んで建つ建造物



_________________________

丁子門




丁子門




丁子門



_________________________


桜井門

  
  この門は奈良県十津川の桜井寺の山門として建立された
  ものである。桜井寺は幕末天誅組本陣として利用されたこ
  ともある。
  天誅組
  江戸時代末期の尊王攘夷志士の一派吉村寅太郎、藤本
  鉄石らの志士は公卿、中山忠光を擁立し、大和の国(現   在の奈良県)の南部で倒幕の兵をおこし五條代官を襲撃  した、これを五條の変、十津川の変、という。



_________________________


鐘楼



鐘楼




   西部球場周辺地図


戻る
戻る