TOYOTA MR2(AW11) (FUJIMI 1/24) 

 

 昔、友人がこよなく愛したAW11。懐かしく思い、手を動かしてみました。タイヤ・ホイールは、アオシマ改パーツのフォーミュラーを使用。そのままでの装着では、張り出し・車高がめちゃめちゃになるので、取り付け部分に改造を施しています。特にリアは、エンジンルームを切り詰めないとタイヤが収まらずはみ出してしまうし、かと言ってエンジンルームを適当に切り詰めるわけにはいかなかったので苦労しました。何故なら、今回は完成後もエンジンルームが見えるように製作しよう!というのが、一番の目的でもありましたので。車内は、つや消し・半つや消しを組み合わせて黒に統一。ボディは、白・シルバーのツートンを選択。AW11と言えば、この色が私の中では一番「ピン」とくる色なのです。マフラーの出口は、真鍮パイプに交換し、少し太めにし太鼓はそのまま。右リアのダクトは、開口しました。全部綺麗に抜けて、なかなかいい雰囲気です。これをやるとやらないのでは、結構見栄えが違うと思います。リアのマットガードは、パテを盛って、エアロっぽく仕上げ。一番の見せ所のエンジンルームは、開閉可能状態で製作。ヒンジと、開けた時に必要なステー(突っ張り棒)を装着。写真では暗くて、見え辛くなりましたが、コード・パイプ関係は、手を入れられるところまで一応いれてみました。リアテールのウィンカーは、キットのままだとクリアーパーツではなく、ボディに形を掘り込んでいるだけだったので、ジャンクパーツからクリアーパーツを流用してボディ開口後はめ込みました。もう少し、リア周りをきちんと再現できるようになってたら、随分助かるんですけどね・・・。古いキットだから、しょうがないか。小ぶりながらも、なかなかどっしりとした、いい感じで完成しました。

DSCN7498.JPG

 

DSCN7527.JPG

 

DSCN7508.JPG

 

DSCN7519.JPG

 

DSCN7503.JPG