TOYOTA MR−2(AW11) T-Ver. (FUJIMI 1/24) 

 

 ボディカラーは、ブルーマイカ(8M6)ベースに、一部パールホワイトを。 ホイールも、パールホワイトにて塗装しました。 前後とも、車高調整・ツライチ加工と、ディスクブレーキパーツの装着。 右側のインテークは、スリットを開口。 マフラーは、真鍮パイプにて出口部分を新たに作成。 室内はブラックで統一し、エンジンも作り込み、エンジンフードが開くようにしました。 ブルー・白・黒の3色がバランスよく配置され、インパクトのあるカラーリングになったと思います。