NISSAN CIMA TYPE供。味稗唯稗圍釘 (AOSHIMA 1/24)

 

 ケーニッヒのようなリアサイド・ビューの箱絵に引かれて購入しました。前後ブリスター・フロント・リアのエアロパーツは、とてもごっついパーツが付属。一応は、純正ボディにピタッっとくっ付くように設計されているのでしょうが、仮組みをしたら案の定隙間だらけに・・・。その隙間やラインをエポキシパテにて整えました。しかし、キットだけでのエアロパーツを装着した状態でシャシーをはめ込んでみると、「ラリー仕様ですか?」と言わんばかりの腰高に・・・。なので、プラ板にて前後左右のエアロを下方向へかなり延長。一番気に入った箇所は、リアバンパーのエアロの造形です。殆ど自作した甲斐がありました。ボディ色は、ワインカラー。クレオススプレーのワイン系の色をベースに、クリアーレッドを上から吹いてみました。写真とは違って、実物はもう少し暗いワイン色です。内装は特に触らず、黒をベースとし、ステアリングとダッシュボード周りホワイトを入れてみました。パテ・プラ板を多用した為、違った意味での「重量」がある車に仕上がりました。

 

DSCN6980-01.jpg

 

DSCN6983.JPG

 

DSCN6995.JPG

 

DSCN7008-01.jpg

 

DSCN7009.JPG