NISSAN SKYLINE HCR32 改  (AOSHIMA 1/24)

 

アオシマの「32」の4ドアをベースに、”GT-R”仕様を製作しました。 もちろんイメージは、”RB26 in Car”のGT-Rそのものを。

 

まず、外観でベースとなるキットを生かす部分は、ルーフ、A・Cピラー、ドアパネルの一部、リアフェンダーの一部。 フロント、リア周り、ドアパネルの一部は、同じアオシマのGT-Rキットを使用しました。

フロント部分の移植は車幅も合い、さほどストレスなく収まって結合できたのですが、リア周りの移植が、流石GT-Rだなと思わせるフェンダーの張りで、ブリスターの成形が今回の製作の”肝”となりました。

ポリパテにて、ブリスターフェンダーを製作後パネルラインを新規に彫り直し、リアバンパーの牽引フック、リアマットガードを追加。

インタークーラーには”NISMO”ロゴ、リアガラスには、GT-Rマガジンのステッカーをアクセントとして貼付。

ボディ色は、実車用塗料の”KJ5(ガンメタリックパール)” を使用。

車高は前後とも調整。

特にリアは、ブリスターフェンダーのため、幅が広がるので、シャフトを長くする必要が。

マフラーは、GT-Rのニスモをチタン風にして取り付け。

内装は、ダッシュボードパネルとフロントシート以外、4ドアのものを使用し、勿論メーターパネルは、GT-R仕様に。

どこから見ても、”GT-R”ですよね?