MAD POLICE INTERCEPTOR (FUJIMI 1/24)

 

 古いキットだったので、案の定デカールが全くと言って良いほど、使い物にならない状態でした。 外観それぞれのデカールは、パトカーキットの余りや、ロボット系の汎用デカールをそれらしく配置。 スピードメーターのデカールは、”MZ21ソアラ”のものを流用してみました。 それぞれが、いい感じでおさまったと思います。

 

 外観は、ご依頼者のご要望として、『世紀末を生き抜いてきたマシンのような塗装に!』と言うことでしたので、まずリューターやハンダゴテ等を使い、ボディへのダメージ加工を。 塗装は、サフェーサーの次に、錆を表現するために艦艇色を塗装し、その上からどころどころにヘアースプレーをブラシにて吹き付け。 またその上から、明るめのグレー系を吹き付け、再びヘアースプレーを。 最後に、ネイビーブルーを吹き付け、乾燥後にステンレスたわしや歯ブラシ等を使用して、塗装を剥いでいきます。 そうすると、ヘアースプレーが吹き付けられている箇所が剥がれ、それぞれの下地が上手い具合に顔を出してきます。 仕上げに粉状にしたパステルを全体に擦り付け、風合いを整えて完成です♪

 

 ギミックとしては、モーターライズ仕様なので、ちゃんと走行するように製作、パトライト&ヘッドライトにLEDのキットを組み込んで、点滅&点灯可能にしました。