ツマグロヒョウモン

7月28日 店頭の花壇にて見慣れない綺麗な蝶をみつけた、この日から一ヶ月半 楽しい時間でした。

 この画像を ネットの友人ミチさんの掲示板に貼りつけさせてもらい トトさんの書込みにより 得体が判りました。
が 長野県で飛んでいるのは 不思議だと言われ 興味を持ちました。 どうも 近年北上してるようです。

 もともと南方系のチョウだが、幼虫がパンジーなどスミレ類を広く食べ、園芸植物にまぎれて広がった。
また、地球の温暖化もこのチョウの隆盛に一役買っている。(ただし北国では冬越しできずに死んでしまう。) 
後翅のへりが黒くなっていることで他のヒョウモン類と見分けられる。





セスジスズメ の幼虫だって〜 最初はこれが ツマグロの
幼虫かと思って 可愛いなぁって 思えたのに、 michiさん
の 掲示板で 千葉のトトさんから 教えてもらいました。
とたんに 可愛くなくなってしまった。 草むらに放しました。
 伸びきった パンジーの葉で ついに見つけました。
8月2日 左の幼虫よりも 触るのが恐そう〜っ。
 食草 すみれ パンジーって 言われましたが、やはり
パンジーに 食料集めが 思った以上に大変。



 8月6日最初の サナギ 身体の一部が
サナギから出ていて 半日もすると落ち 
立派なサナギに 幼虫が パンジーから離れ
 壁に上り始めると もうすぐサナギに成るか
な?って予感。  
  一人前の?? サナギ!
 ちょっと 方向が悪いが 真中より下に 光る宝石
を思わせる 部分が・・・ 神秘的な輝き〜



 8月8日サナギの下の方に輝く部分・・  これは 水槽の蓋ですが ここまで上って さなぎになったものが
  これがタテハ類の特徴だとか?     一番多かった。 最後には ここに10個のさなぎが出来てました
                           個の左のは サナギに成った直後。



 8月14日 最初の羽化・・ 気がついたら 羽化が終わってじっと 羽を乾かせていました。 徐々に羽が伸びて行
きます。  半日水槽に置き 次の朝 逃がす事に。  最初は でした。



 8月24日 羽化の瞬間を 写真に撮りたくて 何時も身近に水槽を置いておくのだが 気が付くと出て羽を伸ばす
ところ 出終わって 2時間もすると羽ばたこうとしている。 



 8月25日  上の前日羽化した残り2個のうちの 一個 メスでした。花壇に放すとまだ早かったのか草に止まって
じっとしていた。 大きな水槽の蓋に 10個のサナギ 黒いものと茶色のとあるが 個の色の差は 雌雄とは関係な
いようです。

 8月25日 午前中に上の写真を撮ったのですが 午後になったらこの状態 一気に3匹が羽化してしまった。



 8月26日  もう 毎日羽化があるけど・・・丁度のタイミングで見られない、15個もあるのだから
そのうちに 見られると 思ったのが甘かったようだ。 サナギを突ついて 動くのを楽しんだりした
けど 奇形になった様子は見られない。多少の色の違いはあるけど 綺麗だ。  

8月27日 左の♀が羽化して あれだけいたのに ついに残り一匹のサナギ・・ もうっ 蓋をこの様にして 見落と
さないように・・・   このメスが 一番美しかった!

9月1日  ご近所に スミレを頂きに回ったり 何とか羽化の瞬間を見たいと挑戦したけど
結局 空しい努力に終わってしまった。 最後の一頭の羽化・・♂でした。 来年は スミレを
準備しておいて 今一度挑戦します。  でも このツマグロヒョウモンが ここ 飯田市でも
飛び始めてるって事は やはり温暖化が進んでる証拠なのだろうか・・ それを考えると 
この蝶は どんな使者だったんでしょう??

 今回 皆さんからこの蝶の写真を頂いたり それぞれの 場所からの情報を頂き大変に役立ち 勉強になりまし
た。 楽しませてくださった 皆さん ありがとうございました。  昨年羽化させた 兵庫のNOBBYさん はじめ
愛知のshouさん  同県のみまきさん  福井のマムさん ・・・ その他大勢の 友人に感謝です。
皆さんからの情報ツマグロ・・?

ツマグロヒョウモン奮戦記アルバム(8種) 仲良し農園 復活ソフト、アイスクーム さよならクリ坊
切り番紹介友達リンク 楽しく話そう(チャット) 新設画像掲示板(BBS)プロフィール画像のブログ


戻る
戻る