98年クリスマス・年末

98年クリスマス・年末の様子をお伝えして行きます。

98年も年末を迎えました。今年一年の総決算の時期ですが、今年のアスンシオンはいつもの年と比較すると地味な印象を受けます。来年は99年で多分世界中でかなり派手な年末となるのでしょうが、今年は金融機関の倒産など経済面も不安定な上、オビエド問題が混迷しており、景気は今ひとつといった感じです。

それでも各商店は嗜好を凝らした飾り付けを行い、綺麗なイルミネーションで街は明るくなっています。最近のイルミネーッションの流行は単色の飾り付けでカラフルなものは余り見なくなりました。また各ショッピングはそれぞれかなり華やかな飾り付けをしています。

(写真:ショッピング・エクセルシオールの飾り付け)

セントロに在るショッピング・エクセルシオールでは大型のサンタクロースの雪ダルマが飾られています。

(写真:ショッピング・ソルの飾り付け)

ショッピング・ソルは昨年とよく似た飾り付けで大型のクリスマスツリーが備え付けられています。イルミネーッションはやはり単色のものが使われています。

(写真:ショッピング・マリスカルロペスの飾り付け)

対照的なのはショッピング・マリスカル・ロペスで、こちらは赤を基調としたカラフルな飾り付けをして来る人の目を楽しませています。

(写真:ショッピング・マリスカルロペス景品の自動車)

また、年末セールに豪華景品は当たり前になって来ています。少し大きなスーパーになりますと新車1台というのが相場になって来ました。景品として豪華な新車を並べて購買意欲を誘う作戦のようです。


アスンシオン中心街の風景を幾つか紹介しましょう。

今年の年末は非常にデモ等の抗議行動が多く、政治的なオビエド賛成、反対のデモ、アンテルコの民営化反対の職員のデモなど毎日色々なデモを見ることが出来ます。この日は銀行破綻は中央銀行と銀行経営者の責任であるというデモで、即時監獄に入れろとなどと書いた看板を片手に行進していました。

(写真:銀行破綻は中央銀行と銀行経営者の責任であるというデモ)

その直ぐ横に在る公園はいつもののんびりとした雰囲気で、縁台将棋ならぬ縁台チェスが行われていました。

(写真:縁台チェス)


次のページ(99年クリスマス・年末) ) へ

綜合目次に行く*作者作成4つのHP

「パラグアイあの時」ホームページ表紙に行く

「エキスポ」のコーナーについてのメールを どうぞ