エキスポ-2010 (パラグアイ物産展示会)


毎年は冬休みが1週間延長され、8月 1日まで開催されました。本来はこのエキスポは家畜の品評会がメインなのですが、延長する事になって家畜は全て退出し、パビリオンとレストラン・喫茶だけが開いているという珍現象となりました。この日は延長されtた最後の日なので多くの人が来ていました。



エキスポ・2010 (2010年08月30日)
近年はエキスポは街歩きと割り切って行くようにしています。アスンシオンは欠陥都市で歩いて楽しめる「街」が無いので疑似のものを期間限定で作り市民に提供しているというのがエキスポの意味なのでしょう。数年前に刺激的な服装をした販売促進員は不要とのお達しが出て以来、若い女性が少なくなり全体的には地味になった印象があります。

エキスポ・97
エキスポ・98
エキスポ・99

エキスポ・2000
エキスポ・2001
エキスポ・2002
エキスポ・2004
エキスポ・2005
エキスポ・2006
エキスポ・2009



会場の様子 (2010年08月30日)
大きな専用会場には数ヶ所の入り口があります。何時も混雑を避けて脇にある余り人が通行しないゲートを利用しています。



(写真:ゲート)

料金は15,000グアラニ(約350円)でパラグアイの物価から考えますと多少高いようにも思います。



(写真:料金徴収所)



(写真:ゲート)

街歩きを楽しむ人で混雑しています。



(写真:メインストリート)



(写真:会場内の様子-01)



(写真:会場内の様子-02)



(写真:会場内の様子-03)



(写真:会場内の様子-04)



(写真:会場内の様子-05)



(写真:会場内の様子-06)



(写真:会場内の様子-07)



(写真:会場内の様子-08)



(写真:会場内の様子-09)



(写真:会場内の様子-10)



(写真:会場内の様子-11)



(写真:会場内の様子-12)



(写真:会場内の様子-13)



(写真:会場内の様子-14)

全ての家畜は既に退去しています。



(写真:会場内の様子-15:家畜は既に退去)



展示 (2010年08月30日)
展示には色々な種類があります。銀行、玩具、自動車、食品、衣料、家具など様々です。



(写真:銀行と喫茶店が半々)



(写真:鶏肉-01)



(写真:鶏肉-02)



(写真:衣料)



(写真:フラフープ)



(写真:荷台付き自動二輪)

今年目に付いたのは安い中国製の自動車です。



(写真:中国製の自動車-01)



(写真:中国製の自動車-02)



(写真:中国製の自動車-03)



(写真:中国製の自動車-04)



(写真:中国製の自動車-05)



大展示場 (2010年08月30日)
大展示場は工業製品が中心です。



(写真:大展示場入口)



(写真:大展示場内部-01)



(写真:大展示場内部-02)



(写真:大展示場内部-03)



(写真:大展示場内部-04)



(写真:大展示場内部-05)



(写真:大展示場内部-06)



バスシステム (2010年08月30日)
今回大きく注目を集めていたのが都市バスシステムです。サンロレンソとアスンシオン中央部の間17キロメートル、幹線であるエウセビオ・アジャラ通り中央に専用レーンを設けて二両連結のバスで大量輸送を行うという計画です。二両連結バスと駅のようなバス停留所が展示されていました。地下鉄が出来るようなイメージを与えています。ただでさえ交通量が多い中で果たして中央にバス専用レーンを取る事が出来るのか、狭い場所を二両連結のバスが走行出来るのか等の疑問がありますが、とにかく最悪の状況を何とかしようとしようする試みは評価出来ますね。ただ具体化に向けては多額の費用が必要になると予想されますが、そのコストをどのように捻出するかなど課題は大きいと思います。まずは取り敢えずアイデアを出してみたという所でしょう。



(写真:新交通バスシステム路線図)

二両連結バスは特に目新しいものでは無く、ブラジルなどではかなり以前から活用されているものです。



(写真:新交通バスシステム停留所)

バスは座席数が42で150人乗り、全長が18メートルあります。



(写真:新交通バスシステム二両連結バス-01)



(写真:新交通バスシステム二両連結バス-02)



遊園地 (2010年08月30日)
ここに来る人の大きな楽しみが遊園地です。家族連れや若い人で大混雑となっていました。設備は古いようにも見えますが一応観覧車、ジェットコースターなど大体揃っています。



(写真:遊園地-01)



(写真:遊園地-02)



(写真:遊園地-03)



(写真:遊園地-04)



(写真:遊園地-05)



(写真:遊園地-06)



(写真:遊園地-07)



(写真:遊園地-08)



(写真:遊園地-09)

遊園地の中で一番大きいのが「カミカゼ」です。大きな時計の針のような仕掛けでぶるん、ぶるんと回し、最後は一回転するというものです。無謀な危ない乗り物なので「カミカゼ」という名称のようです。カミカゼの由来は勿論第二次世界大戦末期に日本が行った攻撃「神風特別攻撃隊」ですが、本来の「神の風」、元・高麗連合軍が日本を侵略した際に吹き、日本を救った奇跡の風である事を誰も知りません。



(写真:カミカゼ-01)



(写真:カミカゼ-02)



(写真:カミカゼ-03)



(写真:カミカゼ-04)



(写真:カミカゼ-05)



(写真:カミカゼ-06)



(写真:カミカゼ-07)

遊園地には籤で景品を交換する福引のようなものが多くあります。



(写真:福引屋-01)



(写真:福引屋-02)



(写真:福引屋-03)



(写真:福引屋-04)



サーカス (2010年08月30日)
本来は牛などの家畜の品評会を行う場所は既に家畜が全て退去されていますのでここをサーカスに使っていました。



(写真:サーカス会場-01)



(写真:サーカス会場-02)



(写真:サーカス会場-03)



(写真:サーカス演技-01)



(写真:サーカス演技-02)



レストラン・軽食 (2010年08月30日)
肉を食べるレストラン、そして軽食が多く在ります。



(写真:レストラン-01)



(写真:レストラン-02)



(写真:料理)



(写真:軽食-01)



(写真:軽食-02)



(写真:ピザ屋)



(写真:アイスクリーム)



(写真:ハンバーガー)



(写真:共同軽食堂-01)



(写真:共同軽食堂-02)



(写真:共同軽食堂-03)



(写真:入口付近のアイスクリームのスタンド)

今年目立って増えたのが「飴リンゴ」です。リンゴの周りを赤い飴で覆ったもので、「マンサーナス・カラメラーダス」と呼ばれています。



(写真:人気の飴リンゴ-01)



(写真:人気の飴リンゴ-02)



(写真:人気の飴リンゴ-03)



(写真:人気の飴リンゴ-04)



(写真:土産物売り-01)



(写真:土産物売り-02)



(写真:土産物売り-03)


次のページ

綜合目次に行く

「パラグアイあの時」ホームページ表紙に行く