エキスポ-2009 (パラグアイ物産展示会)


毎年 7月に半月間行われるエキスポ、今年は7月18日(土)に行きました。天気は余り良くなく人出もいまいちでした。



エキスポ・2009 (2009年07月19日)
今年はどんな新趣向があるのかと数年前まではエキスポに行くのが楽しみでしたが、ここ数年はほとんど同じような感じで安易な方向に流れているように見えます。それ程努力しなくても来場者は多いのでこれで良いのだという気分があるのかも知れません。欧州共同体、アルゼンチン、韓国、台湾などの常設館があるのですが、内容は期待しているような最新技術などは無く三流のものが少し並んでいるという印象です。後は携帯の会社、自動車販売の展示がほとんどを占めています。安く手軽に食べる事が出来る食べ物の店が増えており、来場者は新型車を眺めて軽食を摂り散歩するというのがほとんどでしょう。パラグアイには散策が出来るような商店街が無いのでその代りを務めており、パラグアイの人は2週間の間にここに来て繁華街歩きを疑似体験するのが楽しみなのでしょう。

エキスポ・97
エキスポ・98
エキスポ・99

エキスポ・2000
エキスポ・2001
エキスポ・2002
エキスポ・2004
エキスポ・2005
エキスポ・2006



01・概要
今年は土曜日それも余り天気が良くないどんよりとした曇り空の日に出掛けたので、余り人は居ませんでした。



(地図:会場の地図)

入口は正面の他数か所あります。何時も利用するのは3番ゲートでこの付近に自動車を停めます。駐車料金は今回は一万グアラニ(約200円)でした。中には1万5千グアラニを徴収する所もあるようです。入場料は1万2千グアラニ(約240円)です。なお、12歳未満は無料となっています。親子4人の標準家庭で一人が有料の場合には駐車料金と併せて4万6千グアラニが必要となります。



(写真:3番ゲート付近:外側)



(写真:3番ゲート付近:内側)



(写真:正面ゲート付近)

主役は牛です。ここは家畜特に牛の展示会が本来の目的です。



(写真:主役は牛)



02・会場の様子
会場の様子を紹介します。大勢の人が散策を楽しんでいます。日本などでは普通に出来る「繁華街を歩く」楽しみはパラグアイにはありません。人が多く集まる最大の理由はこの疑似体験であると思っています。



(写真:会場の様子-01)



(写真:会場の様子-02)



(写真:会場の様子-03)



(写真:会場の様子-04)



(写真:会場の様子-05)



(写真:会場の様子-06)



(写真:会場の様子-07)



(写真:会場の様子-08)



(写真:会場の様子-09)



(写真:会場の様子-10)



(写真:会場の様子-11)



(写真:会場の様子-12)



(写真:会場の様子-13)



(写真:会場の様子-14)

公園でくつろぐ人が多く居ました。



(写真:会場の様子-15)

既存の外国館がマンネリ化している中、今回目立っていたのがインドネシア館です。



(写真:インドネシア館)



(写真:欧州共同体館-01)



(写真:欧州共同体館-02)

非常に寂しく感じたのが韓国館です。建物がすばらしいので韓国文化の紹介などに利用すれば良いと思うのですが余り活用されていません。



(写真:韓国館)



(写真:携帯大手・ティゴ館)



03・自動車展示
自動車販売が多くあります。この期間セールスを行うところも多いようで来場者は多くの自動車を一度に比較出来るメリットがあります。



(写真:自動車販売:トヨタ)



(写真:自動車販売:スバル)

中には価格を書き込んで展示している場所もあります。



(写真:自動車販売:三菱)



(写真:自動車販売:いすゞ)



(写真:自動車販売:起亜)



(写真:自動車販売:メルセーデス・ベンツ)

今回目に付いたのは中国製の自動車の躍進です。余り知られていないので「エンジンは日産製」と書いて宣伝していました。



(写真:自動車販売:中国製-01)

このような自動車の後ろには「日産」の文字、まるで全体が日産製のようですね。



(写真:自動車販売:中国製-02)

また三輪自動車を展示している所がありました。日本では昭和30年代に活躍したようなタイプです。非常に小さくコンパクトに出来ています。価格を抑えて自動二輪の購買層に売り込むのでしょう。パラグアイの多くの道路は片側一車線ですので、このような低速度しか出せない自動車が増えるような事がありますと渋滞が多くなり事故も増えるのではないかと心配します。



(写真:自動車販売:三輪自動車-01)



(写真:自動車販売:三輪自動車-02)



04・食
軽食堂が増えています。特に珍しいものは無く、エンパナーダなどが売れているようです。



(写真:軽食堂-01)



(写真:軽食堂-02)



(写真:ポップコーン)



(写真:ポップコーンと綿飴)



(写真:アイスクリームのスタンド)



(写真:ジュースのスタンド)



(写真:ハンバーガー店)

屋根付きの軽食堂が集まった場所には多くの人が居ました。



(写真:屋根付きの軽食堂-01)



(写真:屋根付きの軽食堂-02)

人気があるのがアラブ風サイドウィッチです。



(写真:アラブ風サイドウィッチ)

横には舞台も付いています。瓶ダンスを行っていました。



(写真:舞台では瓶ダンス)

今回よく見掛けたのは下のお菓子です。リンゴに飴を塗り付けたものなのだそうです。



(写真:リンゴ飴)



(写真:鶏料理)



(写真:鶏肉会社のマスコット)



(写真:ジュース会社の試飲コーナー)



05・働く女性達
何やら「挑発的、刺激的な格好は自粛」とのお達しが出て数年が経過してコンパニオンのほとんどはズボン着用となるという非常に嘆かわしい状態になっており、本来女性らしさを演出してにこやかに訪問者を迎えるのがコンパニオンの役目であると考えるのですが如何でしょうか?今年は数も少なくなり、見掛けたのはたったの二人だけでした。はっとするような美人にはお目にかかれませんでした。



(写真:働く女性-01)



(写真:働く女性-02)


次のページ

綜合目次に行く

「パラグアイあの時」ホームページ表紙に行く