エキスポ-2002 (パラグアイ物産展示会)


毎年 7月に半月間行われるエキスポ、今年は7月15日(日)に行きました。政治・経済が不安定なだけに心配しておりましたが、それなりの活気はありました。



エキスポ・2002 (2002年07月15日)

未曾有の不景気、金融不安を抱えながらも例年通りエキスポが開催されています。例年と比較しますとやはり活気が無く、元気が足りないという印象を受けました。例年ですと出展している所で閉鎖されている箇所(韓国館など)も散見されました。それでも元気にエキスポです、この日曜日は天候にも恵まれて活気がありました。

この日は日曜日という事もあり、非常に混んでいましたが、それでも昨年より15%少ないそうです。またこの翌日の15日にはエステ市を中心にデモ隊と警官隊が衝突しましたが、エキスポは毎日多くの人で変わらず賑わっていました。今年の入場者総計は70万人、昨年が90万人ですからやはり少なかったようです。

エキスポ・97
エキスポ・98
エキスポ・99

エキスポ・2000
エキスポ・2001

開会式の様子は以下の通りです。「働く国」というテーマですが・・・



(写真:開会式の様子:ABC紙)

入場門の近くは多くの人で溢れ返っていました。入場者を目当てにした綿飴売りが目に付きました。



(写真:入場門の近く)

エキスポが開催される場所付近は空き地が全て「有料駐車場」になります。大体5千グアラニ(約100円)、皆呼び込みに懸命です。



(写真:外の駐車場の様子)



(写真:中の様子)

今年目についたのは、軽食堂です。以前から在る肉食のレストランに加えて安くて手軽な軽食堂が増えており、人気を集めていました。食べる事はエキスポでの楽しみの一つですが、次第にその傾向が強くなっているように感じます。また、林さん・小原さんが「和牛」という和牛専門のレストランを開店しています。



(写真:早くて安い軽食堂が増えている)

日系企業の展示も多くあります。



(写真:自動車販売会社)

また携帯電話会社のVOXは映画館を開設していました。出し物はスパイダーマンで、入場料は5,000グアラニ(約100円)です。



(写真:携帯電話会社・VOXは映画館)

また食品加工を手掛ける会社では、ピーナッツ、スナック菓子等の展示を行っていました。



(写真:白沢商工)

エキスポの広大な敷地の一番奥は遊園地になっていますが、その一角で人気があるのが、「くじ」です。風船を風で浮かせてそれを手で掴み、中にある番号の景品が貰えるというのが一般的です。「スカ」みたいのが沢山入っているのでしょうね。



(写真:風船で当選)

そして現金が当たるというのも登場していました。ピンポン玉を転がして入った番号の現金が貰えるという仕組みですが、見ていますと微妙に入り口の大きさを変えてあり、こちらもほとんどは「スカ」になっていました。それでも皆さん結構楽しそうに遊んでいました。



(写真:現金があたる・・)

農牧国パラグアイ、メインの展示は牛です。大きな牛が沢山居ました。



(写真:展示されている牛)

そして働く女性たち、今年は赤が目に付きました。



(写真:働く女性・01)



(写真:働く女性・02)



(写真:働く女性・03)



(写真:働く女性・04)



(写真:働く女性・05)


次のページ

綜合目次に行く

「パラグアイあの時」ホームページ表紙に行く