オリエンタリス(白色系)
白色と黄緑色の剣弁花。花弁には赤紫色のスポットが入っています。20数年前から庭で咲いていました。ブームになる前の交配種のようで、花形が今のように整っていなく乱れています.。今となってはなかなか見られないレアーなクリスマスローズです(笑)

ステルニー(H.suternii)
オーグティーフォリューヌ(イタリアコルシカ島原産)×リビダス(スペインマジョルカ島原産)交配種です。葉の色が青みの強い銀葉で、赤い茎が特徴

トルカータス ボスニア
(H.torquatus Bosnia )
原種/トルカータスは北方域産(ボスニア)と南方域産(モンテネグロ)に大別されるそうです

チベタヌス(H.tibetanus)
中国原産で、幻のクリスマスローズともいわれている希少な品種で、日本の気候だと夏越しが難しいようです

    お花の少ない時季に彩を添えてくれ、うつむき加減に咲く姿に魅せられて少しずつ庭に植え始めました。
育てているうちに、原種や数多くの園芸品種の多さに驚き奥の深さに気づかされました。愛好家の多いのもうなずけますね^-^
        ところで、いつも疑問に思っているのが価格です!どうして?こんなにも高価格なんでしょうか。。。
                           みなさんはどう思われますか?
            高価なものは手が出ないということもあるのですけど^-^;チビ苗を入手して育てています^-^
      残念なのが、花の咲いてない実生苗を購入して名札と全然違ったお花が咲い時にはガッカリ!してしまいます。

.

初めて開花した花色はグリーンでした

        ダブルホワイト
1年目の花はグリーンがかった色をしていたのですが、2年目の今年はホワイトで中心部はグリーン色です.........

  パーティードレス フェアリーローズスポット
   ダブル/スポット入/小輪多花性/草丈15cm

パーティードレス パウダーローズ
パールピンクの花色にピンクの細かいスポットが入ります。まだピカピカの開花1年生です。

赤色系/剣弁花シングル/ペインが入る


Helleborus orientalis
原種 オリエンタリス

Helleborus niger
  原種 ニゲル

    ダブルファンタジー・ ウィンタードリーム
ダブル/純白色の花/メリクロン苗/咲き進むに従いピンクがかってくる/樋口規夫氏作出/株に力がないとセミダブルやシングルになることがある/小苞が1枚しかないです?原種ニゲル(H.niger)の交配種
         (注)メリクロン苗

親株の細胞を増殖し培養してできた苗で、一つの固体から大量のコピーを作り出しています。特徴は、咲く前から、どんな花なのかわかる事です。
         (注)原種ニゲル(H.niger)
原生地:イタリア・スロベニア・クロアチアなど/花色:白(薄いピンクがかるものもある)/苞葉がないのが特徴/イギリスではこれを(Christmasu Rose)と呼んでいる教会への供え花として使われたりクリスマスカードにも登場します

     スモーキーブルー(木口交配)
深いブルーで光の当たり方によって色が変化します
とても丈夫で花数も多いです

中心がグリーン、クリームの花色でオレンジ色のスポットがあり糸覆輪が入るダブル

クリームスポット入りダブル

赤色系/ノンスポット/
剣弁花

パーティードレス系
1971年モンテネグロで、H.トルカータスの八重咲き変異個体イーニスア(Aeneas)とダイドー(Dido)
を発見します。その後イギリスの育種家ブラックソン・ナーセリーがこのダイドーを交配に使って、小輪多花性の八重咲き系統、パーティードレス・グループを作出します。小輪多花性/花色が豊富

              ピンクダブル
下向きに咲く、濃い目のピンクダブル/バイカラー/細い覆輪が入る。
年々花数が増えています

Foreign Travel

About me

Links

Home

Container

Plant Photos

Hellebores

Clematis

Rose

シャラノキの下草に植えたクリスマスローズです

クリスマスローズ(ヘルボルス)

ピンクダブル

クリスマスローズのタネまき
クリスマスローズの交配

Blog

花弁の縁にピンクの覆輪が薄く入ってます

         ピコティダブル(Picotee)
花弁の先がフリル状です。オフホワイトで中心部からグリーンが広がり、縁に赤の覆輪が入るピコティ咲きで、色彩が深みを生んでいます

丸弁/カップ咲き

オリエンタリスの特徴:無茎種/小名は「東洋、東方」を意味し交配種のベースとなった重要な原種/分布域によって2タイプに分けられる/原生地:トルコ・グルジア・ウクライナ
1800年代後半から原種のオリエンタリス種などが交配されて様々な色や形が作出されていきます。本来のクリスマスローズは原種のニゲル種を指し、
レンテンローズが従来の名前だそうです。
(注)
レンテンローズ:レント(受難説)の40日間の頃に咲くH・オリエンタリスを指いた名前
剣弁花/スポット入り

丸弁/バイカラー/スポット入り

黄色ダブル小輪をネットで頼んだらこんなのが咲きました

Helleborus torquatus
原種 トルカータス

ヘレボルス(クリスマスローズ)

        ピコティー(Picotee)
花弁のふちが赤く覆輪(ふくリん)になっている.。蜜腺(ネクタリー)も同じ赤色になってます

ピコティー覆輪(ふくりん)。花弁の外周に異なる色が入る。ごく細い糸覆輪から幅の広いものまで多彩

赤色系/スポット入り

     パーティードレス バターイエロースポット(メリクロン 苗)
クリームイエローの花色にエンジのスポットが密に
入る.。昨年咲いた花は淡いグリーンでスポットは全くありませんでした!?今年はラベル通りの花が咲きました^-^
環境等で幼苗はラベルと少し違った花を咲かせる場合もあるらしいのです。。。

ルーセーピンク

淡いピンク系/剣弁花/スポットがまばらに入っています

画像をクリックすると大きくなります

ピンク系/バイカラー/剣弁花/ベインが入っています

クリスマスローズを植えているコーナー

人口受粉と育種を紹介しています.。採種から3年目!実生のクリスマスローズが開花しました

  クリスマスローズ世界展
新種や世界の原種など出展されていたクリスマスローズを紹介しています。(写真をクリックしてください)

                            

クリスマスローズの人口交配を紹介してます発芽を確認しました(1/19)

クリスマスローズの植え替を紹介してます。
(写真をクリックしてくだい)
 

写真をクリックするとそのページが見れます

人口受粉と育種/クリスマスローズ世界展〜2008/庭の様子
クリスマスローズを飾る
降り続く雨の中、ますますうつむいてしまっているクリスマスローズ!
降りしきる雨の中、庭に出て花摘みをして部屋に飾ることにしました。

切花にするのには開花してから時間がたっている花のほうが水あげがいいです。40℃くらいのたっぷりのお湯の中に入れ(花の下まで入る深さ)そのまま冷めるまで置いておきます。湯あげ後は花瓶などに新しい水を入れ深く生けます。(浅い生け方はNG

このような浅い生け方はNG
一番簡単で長く楽しめるアレンジは左写真のように水に浮かべる方法です。

  シルバームーン
3種の原種交配により生まれたハイブリッド種で新世代のクリスマスローズだそうです.童仙房ナーセリーさん育成のヘレボルスとのこと。咲き始めはクリーム色で、だんだんと赤味ががかった色に変化します。原種H・リヴィダスに似ている感じです。育種家ジョセフホイガー氏が育種したものを、童仙房ナーセリーさんが生産技術方法を譲り受けたものだそうです。