世界にすすめる地球にも自分にもすべてにGoodな洗髪法♪
それは… 酢シャンプ〜*

世界にお勧めする、髪が生まれたてのバージンヘアーに戻ってしまう洗髪法をくわし〜く!説明しちゃいましょう!!
これはこの私イネ酢が半年以上続けて得られた結果です。Q&Aもやっちゃいます
(挫折しちゃった人ももう一回チェック☆イットなのだ☆)。

まずは、その実際の方法から。

用意するものです。それは、大きめの洗面器、酢、クシの3点。ふつうの洗面 器でも良いですが、大きめのが楽。
クシはあった方が良いというだけでなくてもいいです。要はだけあれば良いのです。
酢は何酢が良いかと言いますと素性の良い酢ならなおよしですが、基本的には何でもイイです。(→詳しくはQ&Aで) 

1.) 髪をブラッシング。地肌にもやさしくマッサージ代わりにブラッシングしましょう。汚れも落ちやすく(でも私はよくサボります)。
2.) 髪を濡らします。洗面器の中で地肌を指でマッサージすると良いです。
3.) いよいよ、“お酢”。まず洗面器にお湯をたっぷり目に張り、 チョポッと約小さじ一杯のお酢入れて、さっとかき回す。 この時注意!酢は小さじ一杯以上入れないで!少なめじゃないとベタつく原因になるよ。気合いをいれ過ぎて酢を多めにしないように!
4.) その中に頭を突っ込み、手で地肌や髪の毛をけっこうしっかりしつこく洗う
5.) もういいかーって思ったら、すすぎ。シャワーを使ってもよし、洗面 器に頭を突っ込むもよし。 やさしくしっかり流すと匂いが残りにくいです。
6.) そしてお風呂上がり、タオルドライがすんだら、必ずドライヤーで乾かしましょう。濡れたままで寝ないように! 髪の一本一本の間に行き渡らせると、サラサラ感がアップします。 毛の流れを乾かしながら作るとセットも楽に。自然乾燥の時は乾かさなくて大丈夫。

これだけよv(^_-)-☆

さてお次はQ&Aコーナーよ

Q1. 汚れって落ちるんですか?

 はい。何故かと言うと酢を入れる事で水が活性化するからです。水が活性化すると汚れを落とす事ができます。活性化するのに洗剤を使うか酢を使うかの違いだけです。でもとっても洗浄力は低いです。だからこそ、身体にも特に地肌にいいです。皮脂を奪い過ぎないので毛穴に余計で多大な負担をかけません。そのせいか抜け毛はめちゃくちゃ減ります。 で、初めはとくにスッキリしないと思われるかも知れません。そういう時は3〜4の行程を二回でも三回でも繰り替えして下さい。ただし、酢はあくまで小さじ一杯を超えないように。少なめがサラッとするコツ。そして朝晩洗っても良いし、一週間くらい試してどうしてももやもやすると思ったらシャンプーで一回洗っても良いでしょう。そうすると、自分の髪の毛が変化しているのに驚き、あらためて酢のパワーを実感します。
ただ、最初は、それまでの皮脂を取り過ぎ出し過ぎのサイクルが変わるので、ちょっとだけ我慢が必要かもしれないです。

Q2. どうして酢で頭を洗った方がいいんですか?

 私がお勧めするには様々な理由があります。 まず生活排水をいかに汚さないかが、美味しい安全な水を蛇口から得られるかという事にかかっているからです。今現在、昔と違って蛇口からの水はもう美味しくないです。上水道に来る水は河川などの表層水から取られます。下水場で処理した水は川に流され、下水のない地区はそのまま川に流されています。そして、下水処理場でも今や完全に除去できないものがあり、環境ホルモンや深刻な環境汚染に繋がる化学物質が、分解されないまま下水へ流されています。そしてそれらを精製するのにまたあくさんの薬品を使い、それを浄水するのに各家庭で労力をかける…。悪循環が起きています。なるべく排水を汚さない方がいいのです。
  さてシャンプーにもあらゆる化学薬品が使われています。環境ホルモンになる恐れのあるものや発ガン性の恐れのあるもの…おどろかされるばかりです。あとは、強力な界面 活性剤のおかげで汚れも落ちますが身体にも一瞬で染み込み、臓器に蓄積されるのです。生まれてくる子どものためにもよくないです(毛染め、パーマも然り)。酢だとその全ての心配はなくなります。
 その他の理由は、髪の毛がつるつる、やわらか〜になります。しっとりし過ぎなくらいになります。斜め前髪には特にいいよ。

 まさに地球にも健康にも美容にもいい酢シャンプーでございます。わかった?

Q3. 酢はなんでもいいんですか?

 はい。私もいろいろ試してみましたが、特に問題を感じた酢はありませんでした(りんご酢、黒酢、米酢、穀物酢)。もし、これは向かなかった、みたいな事ありましたら、教えて下さい。

Q4. 乾燥させて寝ているのにベタつきます。

 これは、酢を入れ過ぎている、これに尽きるかも知れません。酢を少なめにしてみて。

Q5. 匂いがイヤ。

 この対策につきましては、すすぎにエッセンシャル・オイルをたらすといいですよー(試し済み)。ほんとうはそれに牛乳をひとたらしすると、乳化して良いそうですが、私はまだやった事がありません。酢にエッセンシャルオイルを入れてしまうとか、ハーブを漬け込むとかいろいろな方法は考えられますが、やってみた人、逆に報告お願いしますm(_ _)m。

Q6. 他に良い事、得する事ありますか?

 酢洗髪を始めるとお風呂のカビが減ります。それからリンスやコンディショナーも買わなくてよくなるので経済的です。外のお風呂に行く時も小さな酢を入れた容器だけで良いので軽いです。あと、霧吹きや押すとぶしゅーっと出る容器に酢を20倍程度に薄めて入れておき、髪に直接吹いて揉んで流すと楽です。赤ちゃんにもいいですね。この場合も酢が濃すぎないように。

Q7. 移行しやすい人、しにくい人ってありますか?

 はい、実は私みたいな人はしにくい人です。それはなぜかといいますと、私はエコロジーのためになるべく風呂にも洗髪も控えれるだけ控えるように心掛けていたからです。髪を洗うサイクルは4〜5日に一回でした。こういう人は酢洗髪の洗浄力の弱さを克服しなければなりませんからちょっと大変。でも、皮脂のサイクルができれば以外と4日くらいまでは持ちます。また、酢洗髪は手軽なので、洗面 所でさっと洗う事ができます。私はよくふっと思い立ち、洗面所で髪を洗っています。
  ですから実際移行しやすい人は毎日洗髪している人という事になります。毎日洗髪している人は一番自然にも身体にも負荷がかかっている筈ですから、そういう人にぴったりの方法と言えます。

Q8. リンスはいらないの?

 いりません。超高級コンディショナーにも負けないどころか、優るしっとり感です。

Q9. いったい酢洗髪なんて誰に聞いたんですか?

 実はお会いした事もないのですが、この事に関するお師匠さんがいます。知り合いの知り合いなので全く雲の上のお人ではありませんが、わたしの人生のバイブル(3冊あります)のうちの1冊がそのお師匠さんの書いた『楽して徳して得して楽しく暮らそう1』です。これを実践しているキクチユミさんという方に譲っていただいたのが、初めでした。そこにはいろいろな生活に関する徹底的にエコで比較的めんどくさくないテクが満載でそのうちの一つが酢洗髪でした。これは昔は中国やヨーロッパでも行われていたらしいです。ですから誰かの発見ではありませんし、長い事、実践されてきた方法なのです。

本の購入はひだまり出版 tel/fax075-595-6140
web上の牧野裕子さんのテク紹介:http://www.geocities.co.jp/NatureLand/8894/ekoiro2.html

 

 これはあくまで私の体験談です。皆さんもいろいろ試してみて下さいね。