※このページの内容の一部は、2008年11月にウィキペディアに投稿しました。


一平・人物紹介





製作途中でありますので、今のところ不完全なデータです。
管理人の独断(趣味?)も入っていますので悪しからず…。









桜井一平
(主人公、1巻〜)

言わずと知れた坊主頭のお兄さんで、この漫画の主人公。
剣道4段。
時間が経つとともに美男子に。熱血漢で少し賢く優しい。


家族構成
父:桜井平介(名前は漫画アクション掲載時確認、
単行本では記載なし)
妹:桜井京子
後に清水かのこと結婚。
Front mission3(フロントミッションサード)の主人公・武村和輝
のモデル?

清水かのこ
(桜井かのこ、
10巻〜)

この漫画のヒロインの一人。美人である。空手が得意。
冷たい印象を持たれてしまうこともあるが、根は優しい。
後に一平と結婚する。
Front mission3(フロントミッションサード)のヒロインである
エミール・クラムスコイ(通称:エマ)のモデル?

浅倉達郎
(1巻〜)

一平の上司。剣道7段のおじさま。
一平が警官になったのも彼の存在があったからである。
一人娘である智香に手を焼いている。
妻が療養していた。
浅倉智香
(1巻〜)

この漫画のヒロインの一人。積極的な性格で明るい。
一言で言うとじゃじゃ馬。
一平とは高校時代が初めての出会い。
剣道が得意。後に警官になり、牧村英之と結婚。

“この娘”、実は「MOONLIGHT MILE」にも登場するのである。
「シャーマンキング」の作者である武井広之先生にとっての
“恐山アンナ”の如く。

ジョイ・ムアンチャイ
(10巻〜)

タイマフィアの幹部。美男子。
5歳のときに孤児となり、12歳の時までバンコクの寺院で生活してい
た。
ルシコフ・プロポノフと組んだこともあった。

一生!(講談社刊、著者同じ)の主人公・飯島一生のモデル?

星野 緑
(2巻〜)

一平の大学時代の後輩で、半年先に警官(機動隊)に。
後に刑事となる。
剣道が得意で、竹刀を鞭の如く用いて攻撃することができる。
恋人はミチコ。結構もてます。


太田垣康男先生のマンガの美男子は弱さがある場合が多いが故に、
強くなれるから魅力的なのです。彼だけではなく一平やジョイ、
「MOONLIGHT MILE」の耕介のように。

高木 甲斐
(1巻〜)

名前不明。
一平の先輩ではある刑事だが、暴力的で口調が荒い。陰気。
銃を憎んでいる割には、銃を用いる一平で一番矛盾に満ちた人物かも
知れない。
根は少し優しいが、性格のため友達が少ないようである.
ややゆがんだ性格の原因は警官時代、彼の後輩が銃の暴発で亡くな
り、高木自身も負傷したからである。


「MOONLIGHT MILE」のロストマン同様、
性格の面で管理人はあまり好みではない。



※彼の本名は、2004年10月10日(日)に、太田垣先生から直接、
サインを入手する際に、質問した時に答えてくれました。

内海
(5巻〜)

名前不明。
一平の後輩。一平が刑事になる際、代わりに派出所勤務となる。
後に刑事となり、一平と高木とともに行動したこともある。
銃が好きなようである。少し貪欲な一面も。









トップへ
トップへ
戻る
戻る