Yahoo!検索

Ando's

Processor Information Page

  Web内で公開され ているマイクロプロセサ関係のデータシートやマニュアル等のリンク集 として始めたのですが,現在は,もっぱら,前の週に発生したプロセサ関係の話題を紹介しています。 なお,当サイトに書かれた情報は,正確を期するように努力していますが,正しいことを保証するものではなく,情報の使用の結果に関しては責任を負いません。ま た,ここに書かれた意見や見解は全ての私個人のものであり,私の雇用者を含む他人や団体の意見や見解を代表するものではありません。

  感想や質問,これを取り上げてなどの要望は, andosprocinfo@yahoo.co.jp に送って下さい。但し,趣味でやっている個人サイト ですから,対応できないケースもままあるかと思います が,ご容赦ください。

   2011年8月27日の更新時点で90万参照を超え ,2012年5月26日の更新時点で100万参照を超えました。9か月で10万参照ですから,それまでの1万参照/月より10%程度増えています。そして,2013年3月9日の更新時点で110万参照を超え ました。100万参照を達成した5月26日から8.5か月ほどで10万参照と,順調なペースですが,Yahooが参照カウンタのサポートを止めてし まったので,以降の状況は分かりません。

 マ イコミ(現在はマイナビニュース)連載のコンピュータアーキ テクチャの話を書籍化した「コ ンピュータ設計の基礎」という本 と「高性能 コンピュータ技術の基礎」と いう本を毎 日コミュニケーション社 (現在は,(株)マイナビ)から出しています。前者の本はまあまあ,置いて戴ける書店も多いのですが,後者の方は大学院レベルでちょっと難しいので, あまり,置いている本屋さんが無いようです。それから,技術評論社から「プ ロセッサを支える技術」という本を出しました。コンピュータ設計の基礎はコンピュータを設計する人向けですが,こちらは,プロセサ を上手く使うにはという観点でユーザ向けにプロセサを解説した本です。

  技術評論社の「プ ロセサを支える技術」の中国語訳(支??理器的技?)が出たと,翻訳を監修された方から,ご連絡を戴きしました。http://book.douban.com /subject/20271450/ で案内が見られます。定価69元とのことで,日本円にすると800円くらいで,日本語版よりかなり安価です。 さらに,中国は海賊版も多いとのことで,あまり,お金にはなりそうにありません。

  技術評論社の「プロセッサを支える技術」は第4刷が決まり,これがすべて売れると累計で1万部を超えることになりま す。また,5月1日に「コン ピュータアーキテクチャ技術入門」という本が技術評論社から出ました。前著と重複する部分は記述を簡単にし,新たな技術の解説 を加 えています。

  9月26日に,技術評論社から『ク ラウドを支える技術 ――データセンターサイズのマシン設計法入門』という本が出ました。原著はGoogleの人が書いた本で,私が訳を担 当しました。知らない話も多く,非常に勉強になりました。著者のBarroso氏にはお会いしたことはないのですが,昔から論文を拝見して尊敬していた方で, この本の訳を担当できたことは光栄です。

  2017年6月30日に,技 術評論社から「GPUを支える技術」という本を出しました。GPU はどう作られているのか,なぜ,CPUより速いのかから,ディープラーニング応用まで,GPUを丸ごと解説した本です。よろしくお願い申し上げます。

今回のアップデート

  今週は,最初に,IntelのCascadeLake-APの発表の話題を紹介します。マルチチップキャリアを使うAMDのEpycに差をつけられているので,IntelもCascade Lakeを2チップ搭載して48コア,12メモリチャネルのAPを出してきました。

  2番目はAMDの反撃で,AMDはすかさず,7nmプロセスを使うZen 2コアのRomeを発表しました。Romeは64コアです。しかし,7nmではI/Oなどのアナログ部が作りにくいので,中央の大きなI/OチップにPCI Expressやメモリインタフェースをまとめ,8コアプロセサチップをI/Oチップの周囲に8個配置するという作りになっています。微細化で後れを取っているIntelは辛いところでしょうね。

  3番目は,AMDが同じ7nmプロセスを使うVega GPUを発表したという話題です。全てのStream Processorで低精度のSIMD演算をサポートする構造で,NVIDIAのTensor Coreのような専用ハードウェアを搭載することなく,ほぼ,同等の性能を実現しています。プロセスの微細度は違いますが,Voltaが800mm2を超えるのに,こちらは331mm2と小さなチップです。

  4番目は$1.7Bの資金を集め,既に2000人を超えるスタッフを集めたという中国の大型スタートアップのRoyoleが,Samsungに先駆けて12月にも曲げられるAMLEDディスプレイを使うタブレット端末を出荷するという話題です。これだけの資金が集まるには政府のバックアップがあるのでしょうが,中国の進出は驚異で,脅威です。

  5番目は,$1分のBitcoinなどの仮想通貨の採掘には,$1分の金などの採掘,精錬よりも使用エネルギーが多く,コストが高いという話題を紹介します。

最近の話題

最近の話題アーカ イブ

プロセサのアーキテクチャドキュメント

コンピュータ博物館