化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

・イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

イオン結合


陽イオンと陰イオンは互いにひきつけあい結合することができます。 陽イオンと陰イオンが結合することをイオン結合といっています。 どうして陽イオンと陰イオンが結合するのか。 それは、それぞれ+と−の電荷をもっているからです。 下敷きで頭をこすると下敷きに髪がくっついています。 これは下敷きと髪のどちらかが+の電気をもち、どちらかが−の電気をもつからです。 イオンも同じで、+と−は引き付けあうのです。 例えば、陽イオンのナトリウムイオンと陰イオンの塩化物イオンの場合

という具合に結合します。 この場合はナトリウムイオンと塩化物イオンが1:1の割合で結合するので と書きます。 これを組成式といっています。 組成式は陽イオンを先に、陰イオンを後に書き、読み方は陰イオンの「物イオン」を 取り、うしろから「塩化ナトリウム」と呼びます。 塩化ナトリウムはナトリウムイオンが1個と塩化物イオンが1個結合しているだけではなく、 実際には多数のナトリウムイオンと多数の塩化物イオンが結合して結晶ができているのです。 1個のナトリウムイオンの回りには6個の塩化物イオンが、逆に1個の塩化物イオンの回りには 6個のナトリウムイオンが上、下、左、右、前、後と規則正しく結合しているのです。

上にも書いたとおり、塩化ナトリウムはナトリウムイオンと塩化物イオンが1:1の割合で結合しているので、 ナトリウムイオンが1000個あれば、塩化物イオンも1000個あるということです。

イオン結合は陽イオンの+の数と陰イオンの−の数が同じになるように結合します。


原子団が電荷をもってイオンになったものを多原子イオンといいます。 アンモニウムイオンや炭酸イオンなどがそうです。 でも、考え方はおなじです。




理論化学トップ ホーム