化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

・原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

原子の電子配置


原子には原子番号の数だけ電子が存在すると「原子の構造」で話しました。 原子番号1番の水素には1個、2番のヘリウムには2個、3番のリチウムには3個・・・ という感じです。 この電子は原子核の周りを回っているのですが、電子が存在する場所はいくつかの層にわかれています。

真ん中の黒い点が原子核です。 原子核の周りに電子が入るところである電子殻があります。 電子が回る軌道が何重にもあると考えてください。 この電子殻にはそれぞれ名前がついていて、内側からK殻(赤色)L殻(青色) M殻(紫色)N殻(橙色)・・・といわれています。(実際の電子殻には色はついていません。) Kからアルファベット順になっているということです。 (なぜAからはじまらないのかと思うかもしれませんが、これには理由があるのです。 最初に見つけられた電子殻がK殻だったのですが、まだ内側に殻があるかもしれないっと考えられたので、 新しい殻が見つかった時に名前が付けられるようにとアルファベットの真ん中あたりのKから始めたといわれています。 実際には新しい殻がK殻の内側には見つからなかったのですが。)

これらの電子殻には入ることのできる電子の数が決まっていて、K殻には2個、 L殻には8個、M殻には18個、N殻には32個となっています。 そして、電子はこれらの電子殻にやたらめったら入るわけではなく、規則性があります。 電子は原子核に近いK核から順に収容されるのです。 どういうことかというと、電子が1個の水素はK殻に1個電子が入っています。 電子が2個のヘリウムはK殻に2個電子が入っています。 電子が3個のリチウムはK殻に2個、K殻の定員は2なので残りの1個はL殻に入っています。 という感じで原子番号が大きくなるにつれて電子はK殻、L殻、M殻・・・と順に増えていくのです。 別窓に18番までの電子配置図を並べたので、じっと見つめて規則性をみつけてください。

電子配置図

電子配置図で一番外側の電子殻にある電子を価電子といいます。 別窓の電子配置図のピンク色の電子です。 ただし、ヘリウム、ネオン、アルゴンのような希ガスは一番外側の電子殻の電子は2個(Heの場合) または8個であり、この状態は他の原子と結合しにくい安定な状態なので、希ガスの価電子はと数えます。 価電子の数が同じ原子同士は性質が似ています。

理論化学トップ ホーム