化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


・原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

原子の構造


まず原子とは何か。 「物質を構成している最小の粒子」を原子といっています。 といわれても・・・って思うかもしれませんね。 それでは、想像してみてください。 鉛筆の芯はハンマーなどで簡単に粉々になりますね。 粉々になった鉛筆の芯をもっと細かく割っていきます。 どんどん、どんどん割っていくと目では確認できないほどになってしまいます。 鉛筆の芯をどんどん割っていって、もうこれ以上割ることができなくなる粒が残ります。 それが原子です。 鉛筆の芯は炭素でできているので、この場合、炭素の原子が得られるのです。 水素や酸素、炭素などの元素ひとつひとつに対する元素が存在しています。 原子の直径は種類によって異なりますが、だいたい1億分の1センチメートルくらいです。 当然目には見えませんね。

それでは、この物質の最小粒子である原子はどのような構造になっているのでしょう。



正と負の電荷をもつというのは、電池のプラスとマイナスのように、正反対の電気をもっていると考えてください。

ひとつの原子に存在する電子の数陽子の数は同じで、種類によって数が決まっています。 電子の数と陽子の数を原子番号といって、原子番号1番の水素には電子が1個、陽子が1個存在します。 高校では原子番号1番の水素から20番のカルシウムまでを順番どおりに覚えなくてはいけません。 「水兵リーベ・・・。」と覚えた方もいるでしょう。 元素の周期表についてはいずれお話しますが、とりあえず20番までを書いておきます。


一方、中性子は同じ原子でも異なることがあります。 例えば、水素には中性子が0個のものと、1個のものがあります。 これらを互いに同位体といっています。

理論化学トップ ホーム