化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

・酸化還元反応の
反応式のつくり方

酸化還元反応の
量的関係

酸化還元反応の反応式のつくり方


酸化剤と還元剤の半反応式を前にやりました。 半反応式は酸化剤や還元剤になる物質が酸化還元反応でどのような反応をするのかを、 電子e-を使って表した式です。 ですから、酸化還元反応の化学反応式という形では不十分な式なのです。

酸化剤・還元剤の半反応式から酸化還元反応の化学反応式をつくります。 任意の酸化剤と還元剤を反応させたときに、どのような化学反応が起きているのかが化学反応式でわかります。



(3)のようなイオン式で表した反応式をイオン反応式といいます。 イオン反応式では不十分な反応式なので、酸化還元反応では使われていないイオンを付け加えることによって、 完全な物質の化学式にします。 硫酸酸性にすると問題に書いてあったら、水素イオンは硫酸から電離したものだと思ってください。 ヨウ化カリウムのように物質にはカリウムがあっても、酸化還元反応には係っていないので半反応式に書かないものも、 最後に付け加えてください。 これらのイオンは両辺に加えます。 その結果、右辺は硫酸イオンとカリウムイオンが余分に加わる形になりますが、 陽イオンと陰イオンでイオン結合させてこの場合は硫酸カリウムができることになるわけです。

理論化学トップ ホーム