化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

・酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

酸化数


●酸化数
酸化・還元の定義は電子の授受で考えられていますが、イオン結合の物質の反応以外は 電子の授受はわかりにくいものです。 そこで、電子の授受を酸化数という数字で表します。 酸化数とは原子がどれだけ酸化されているかを表す度合いです。 それぞれの原子の酸化数の求め方には決まりがあります。

<酸化数の求め方>
 単体の酸化数0(ゼロ)とする。
例)N2のNの酸化数:0(ゼロ) 

◆_醜臺中の酸素原子の酸化数−2(過酸化水素中の酸素原子の酸化数は−1)、 水素原子の酸化数+1とする。
例)H2OのHの酸化数:+1 Oの酸化数:−2

 電気的に中性な化合物の構成原子の酸化数の総和は0(ゼロ) 例)CuOのCuの酸化数:△濃請任了晴戎瑤蓮2なので足して0(ゼロ)になるようにCuの酸化数を求めます。 x+(−2)=0 x=+2 
よってCuの酸化数:+2

単原子イオンの原子の酸化数はその価数に等しい
例)NaのNaの酸化数:+1

多原子イオンを構成する原子の酸化数の総和はその価数に等しい
例)NO3 のNの酸化数:x+(−2)×3=−1 x=+5 
よってNの酸化数:+5


●酸化数の増減と酸化・還元
酸化還元反応で反応前と反応後の同じ原子の酸化数が増加しているか、減少しているかで 酸化されたか、還元されたかがわかります。 酸化数は電子の授受を数字で表したものなので、電子(−)を失うと酸化数が増加します。 逆に電子(−)を得ると酸化数が減少します。 電子を失うことが酸化、得ることが還元なので、酸化数で言いかえると 「酸化数が増加した原子は酸化された、酸化数が減少した原子は還元された」といえます。 酸化数は原子につけられる数字なので、この場合は原子が酸化されたか、還元されたか考えます。



物質で考えるときは、酸化数が増加した原子を含む物質が酸化された物質、 酸化数が減少した原子を含む物質が還元された物質です。

理論化学トップ ホーム