化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係


・酸化還元反応

酸化還元反応


●酸素の授受と酸化・還元
酸化とは、字の通り「物質が酸素と結びつくこと」で、 還元とは、その逆で「物質が酸素を失うこと」です。 例えば、鉄くぎを長い間放置しておくとサビができます。 このサビが鉄が酸化された酸化鉄なのです。 逆に、酸化鉄を炭素と反応させると鉄になります。 この場合、酸化鉄は還元されたわけです。 実際、鉄を作る(製錬する)ときには、天然に存在する鉄の酸化物を コークス(石炭を液体成分や気体成分などを分離してできる固体成分で炭素含量が多い)や 石灰石と炉の中で還元させてます。



酸化反応と還元反応は同時に起きます。 つまり、2つの物質が反応して、片方が酸化された場合、もう片方は還元されたといえるわけです。 このことから、酸化反応と還元反応を分けずに、まとめて酸化還元反応といいます。


●水素の授受と酸化・還元
酸素が関与していない反応でも酸化還元反応があります。 その一つが水素が関係しているものです。 水素が関与している反応では、物質が水素を失うことが酸化、水素と化合することが還元です。


●電子の授受と酸化・還元
本来、酸化・還元の定義は酸素や水素の授受ではなく、電子の授受で考えられています。
ある原子や物質が電子を失ったとき、酸化されたといい、 原子や物質が電子を受け取ったとき、還元されたといいます。 このとき、失われた電子と受け取られた原子の数は同じです。


理論化学トップ ホーム