化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


・物質の分類2
−単体と化合物

元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

物質の分類2−単体と化合物


物質の分類1で二酸化炭素も水も純物質だと書きましたね。 おやっと思われる方もいるでしょう。 「二酸化炭素って酸素と炭素でできているんじゃない?」 「水は水素と酸素からできているって聞いたことあるよ。」 でも、二酸化炭素も水も一つの純粋な物質として存在してますね。 したがって二酸化炭素も水も純物質なのです。 ここでいう炭素や酸素、水素は二酸化炭素や水の成分であり、元素とよばれています。 二酸化炭素や水のように2種類以上の元素から成る物質を化合物、 酸素や炭素のようにこれ以上分解できなく、1種類の元素から成る物質を単体といいます。 純物質はさらに単体化合物に分類できるのです。

純物質から混合物に、混合物から純物質には簡単に混合や分離することによって作り出すことができましたね。 2種類以上の単体から化合物を作り出すことを化合、化合物を2種類以上の単体に分けることを分解といいます。 化合や分解は物質が違う物質になる変化で化学変化といい、変化する時には少しエネルギーが必要となってきます。 例えば、水を分解して水素と酸素を発生させる時には、水に電気を流さなくてはいけません。 逆に水素と酸素を化合させて水を生成させる時には火をつけなくてはいけません。

物質の分類を図にまとめました。


理論化学トップ ホーム