化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

・中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

中和反応


酸と塩基が反応してそれぞれの性質を打ち消す反応を中和といいます。 例えば、塩酸と水酸化ナトリウムを混ぜます。 塩酸HClは水溶液中でHとClに電離しています。 水酸化ナトリウムNaOHは水溶液中でNaとOHに電離しています。 塩酸から生じたHと水酸化ナトリウムから生じたOHが結合して水H2Oができます。 残ったClとNaが結合するとNaCl(塩化ナトリウム)ができます。


中和とは、酸から生じるHと塩基から生じるOHが結合して水ができる反応なのです。 このときできる副産物(塩酸と水酸化ナトリウムの場合では塩化ナトリウム)を塩(えん)といいます。
2価の硫酸と1価の水酸化ナトリウムの場合

ただし、アンモニアと中和する場合、アンモニアにはOHがないので水は生成しません。

理論化学トップ ホーム