化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

・酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

酸と塩基


塩酸HCl、硫酸H2SO4、酢酸CH3COOHなどをといい、 その水溶液に共通の性質を酸性といいます。
酸性の物質は
・酸味がある。
・青色リトマス紙を赤色にする。
・亜鉛、マグネシウムなどの金属と反応して水素を発生する。などです。
身のまわりにある酸はレモンやオレンジなどに含まれるすっぱいもとのクエン酸や ビタミンCのアスコルビン酸、食酢に含まれる酢酸などがあります。 食べ物は酸性のものが多いです。

水酸化ナトリウムNaOH、アンモニアNH3などを塩基といい、 その水溶液に共通の性質を塩基性といいます。
塩基性の物質は
・苦味がある。
・赤色リトマス紙を青色にする。
・手につくとぬるぬるする。などです。
石けん水は塩基なので手につくとぬるぬるします。 これは皮膚が少しだけ溶けているのです。 ほかにはかゆみ止めに含まれるアンモニアが身のまわりにある塩基です。 漂白剤は成分によって酸性と塩基性があるので表示を見てみてください。 塩基のうち特に水に溶けるものをアルカリといい、 その性質をアルカリ性といいます。

もう少し化学的に酸と塩基を分類する2つの定義があります。 アレニウスの定義ブレンステッドの定義です。

 アレニウスの定義
酸は水溶液中で電離して水素イオンを生じる物質であり、
塩基は水溶液中で電離して水酸化物イオンを生じる物質である。

電離とは水溶液中で陽イオンと陰イオンに分かれることです。 化学式でいうと酸にはHがあるのでこれが水素イオンになり、残りの部分が陰イオンになります。 塩基にはOHがあるのでこれが水酸化物イオンになり、残りの部分が陽イオンになります。


 ブレンステッドの定義
酸は相手に水素イオンを与える物質であり、
塩基は相手から水素イオンを受けとる物質である。


理論化学トップ ホーム