化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

・化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

化学反応式


物質が変化するとき、物質そのものは変わらず、見かけの状態が変わる変化を 物理変化といいます。 例えば、水を冷凍庫に入れておくと氷になります。 このとき、水の分子自体は変化せず、分子と分子の結びつきが強くなっただけです。
それに対して、物質が変わる変化を化学変化といいます。 例えば、鉄くぎを放置しておくとサビができます。 これは、鉄に酸素が結びついて酸化鉄という物質ができた結果です。

化学変化を化学式であらわしたものを化学反応式(反応式)といいます。 化学反応式の書き方は、
“娠前の物質(反応物といいます)の化学式を左辺に、 反応後に生成した物質(生成物といいます) の化学式を右辺に書き、その間を矢印→で結びます。
∈己佞髪κ佞如△修譴召譴慮胸劼凌瑤同じになるように化学式の前に数字 (係数といいます)をつけます。 係数は最も簡単な整数比で、 1は省略します。

例えば、水素と酸素から水が生成する反応では、まず、水素と酸素が反応物、水が生成物になるので、 水素と酸素の化学式を左辺に、水を右辺に書き→で結びます。

 H2+O2→H2O

次に、両辺の水素原子と酸素原子の数を合わせるために係数をつけます。 酸素原子は左辺に2つ、右辺に1つなので、右辺の酸素原子を2つにするためにH2Oを2倍すればいいので、 H2Oの前に係数2をつけます。 そうすると水素原子は左辺に2つ、右辺に4つになるので、左辺のH2の前に係数2をつけて 水素原子の数をあわせます。

◆2H2+O2→2H2O

これで、化学反応式の出来上がりです。

理論化学トップ ホーム