化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

・物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

物質量の計算


まず、物質量1molの粒子の数は6.0×1023、 質量は原子量・分子量・式量にg単位をつけた量、 気体の場合、体積は22.4リットルであることを確認してください。 だから、2molになればすべて2倍になるし、0.5molになればすべて半分になります。 このことを利用して、ある粒子の数から物質量や質量、体積を求めたり、 ある質量から物質量や粒子の数、体積を求めたりすることができるのです。

例えば、酸素原子3.0×1023個は何molかというと、 1molがどんな粒子でも6.0×1023個なので、 3.0×1023を6.0×1023で割って、0.5molとなるわけです。

また、水4.5gは何molか求めるときは、水1molの質量(モル質量)を考えます。 これは分子量と同じ値になるので、水の分子量を求めます。 H2Oなので、1.0×2+16=18となります。 水は1molが18gなので、水24gの物質量はは4.5を18で割って0.25molとなるのです。

体積の場合も同じように求めます。 水素56リットルの物質量は、1molの気体の体積22.4で割って2.5molとなります。



物質量は粒子の数、質量、体積を結ぶ掛け橋の役割をしているので、何か一つ数値がわかっていれば 物質量を求めることにより、他の値も求めることができます。 粒子の数からその物質の質量も求められるし、体積から粒子の数も求められるのです。

<問題>
・鉄原子1.5×1024個は何molか。 (2.5mol)
・1.5molの水は水分子が何個か。 (9.0×1023個)
・水9.0gは何molか。 (0.50mol)
・水酸化ナトリウム(NaOH)0.25molは何gか。 (10g)
・酸素11.2リットルは何molか。 (0.50mol)
・アンモニア0.25molは何リットルか。 (5.6リットル)
・酸素8.0gは何リットルか。 (5.6リットル)
・水3.0×1024個は何gか。 (90g)

理論化学トップ ホーム