化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

・物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

物質量


高校化学の大きな山はこの物質量です。 ここで化学が嫌いになる人が少なくありません。 物質量という新しい言葉と単位が出てきて、計算が多くなるからでしょう。 この物質量というのは目に見えない原子や分子をいくつか集めて、ひと山、ふた山・・・と数えていった単位なのです。

実際には質量数12の炭素原子12gをひと山として、この中の原子の数を数えたとき、6.0×1023あるのです。 このひと山の単位がモル(mol)で炭素12gは6.0×1023の炭素原子の集まりで1molなのです。 この6.0×1023アボガドロ数といいます。 そして、1molあたりの粒子の数をアボガドロ定数といい、6.0×1023/molと書きます。
質量数12の炭素は他の原子の原子量を決める時の基準になったものなので、他の原子でも原子量にg単位をつけた 質量の集まりの中には、その原子が6.0×1023個あり、1molなのです。 分子やイオンでも同じで、分子量や式量にg単位をつけた質量の中には、それぞれの分子やイオンが 6.0×1023個あり、1molなのです。 1molあたりの質量をモル質量といい、原子量・分子量・式量に単位g/molと書きます。


また、気体の場合は「同温・同圧のもとで気体の種類にかかわらず同体積を占める」(アボガドロの法則) ことがわかっており、0℃・1atm(=1013hPa=1.013×105Pa) のときどんな気体でも1molは22.4リットルとなります。 0℃・1atmの状態を標準状態といいます。

物質量 粒子の個数 質量 気体の体積
1mol
6.0×1023
(原子量)g
(分子量)g
(式量)g
22.4
(標準状態)

理論化学トップ ホーム