化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

・分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

分子量・式量


分子量は分子の相対質量のことで、分子式中の原子の原子量の総和で求められます。 原子量の概算値は前の「原子量」のところにも書きましたが、2桁か3桁で求められている数字を使います。

例えば、水は分子式でH2Oと書き、これは水素原子2個と酸素原子1個が結合したという意味です。 Hの原子量は1.0 Oの原子量は16なので、水の分子量は1.0×2+16=18となるわけです。

分子量は分子の相対質量なのに対して、式量はイオン式や組成式から計算できる数値になりますが、 式量もイオン式や組成式中の原子の原子量の総和で求められます。

例えば、塩化ナトリウムは組成式NaClで表せます。 この組成式にはNaが1個、Clが1個あり、Naの原子量が23、Clの原子量が35.5なので、 式量は23+35.5=58.5となります。 また、イオン式NO3の場合は、イオンの価数を無視して原子量を足し合わせます。 Nの原子量が14、Oの原子量が16なので、14+16×3=62となります。 金属のように元素記号1つで表される組成式は原子量がそのまま式量となります。

主なものの原子量

★有効数字について★
化学の計算では有効数字を考えなくてはいけません。 化学の実験では若干の誤差が生じます。例えば、温度計の目盛りでもメスシリンダーの目盛りでも 実験の結果には目盛りの1/10まで読み取ります。 そのときの数字が有意義のものである場合、この数字を有効数字といいます。

化学の計算で有効数字の桁数といったら、数字を左から数えた数になります。 この時0以外の数字から数えます。
例えば、2.5も0.25も0.025も有効数字2桁になります。
また、計算してちょうど答えが3になった時も有効数字2桁で答える場合は3.0とします。
50000を有効数字2桁で表すと、5.0×104となり、0.0000032は3.2×10−6となります。
化学の計算問題の答えは、指定がない場合はたいてい問題で与えられている数字の桁数にそろえます。
原子量はたいていが2桁なので、水素の原子量は1なのですが、1.0と書きます。

理論化学トップ ホーム