化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

・元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

元素の周期律と周期表


元素は周期的に似た性質が現れてきます。 この周期的に性質が現れることを周期律といい、 イオン化エネルギー電子親和力などの性質が 周期的に現れてくるのです。 これは、原子番号が増えるにしたがって価電子の数が周期的に変わるからです。

<イオン化エネルギー>
原子が電子を失って陽イオンになるときに必要なエネルギーのこと。 原子から1個電子を取るのに必要なエネルギーを第一イオン化エネルギー、 2個目の電子を取るのに必要なエネルギーを第二イオン化エネルギーといいます。 原子にはそれぞれ必要なイオン化エネルギーが決まっており、 イオン化エネルギーが小さい原子ほど陽イオンになりやすいです。 つまり、電子を取り去るのに大きなエネルギーがいるものよりも、小さなエネルギーですむ方が 陽イオンになりやすいのです。


<電子親和力>
原子が電子を得て陰イオンになるときに放出するエネルギーのこと。 原子がもっている電子を引きつける力で、引きつけた後エネルギーを外に放出します。 電子親和力が大きい原子ほど陰イオンになりやすくなります。


イオン化エネルギー、電子親和力と周期表


1871年、ロシアの科学者メンデレーエフが元素を 原子量(原子の相対的な質量) の順に並べると、縦の列で性質が似たものが並ぶことに気づき、これを表にして発表しました。 この表を元素の周期表といっています。 現在では原子番号の順に並べてあるので、ところどころ原子量が前後しているものもあります。 元素の周期表で、横の行を周期といい、第1周期から第7周期まであります。 また、縦の列をといい、1族から18族まであります。 縦の列で性質が似た元素が並んでおり、同じ族に属する元素を同属元素といいます。 特に性質が似ている4つの族には名前がつけられており、水素を除く1族をアルカリ金属、 ベリリウムとマグネシウムを除く2族をアルカリ土類金属、17族をハロゲン、 18族を希ガスといっています。



理論化学トップ ホーム