化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


・分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

分子間力・水素結合・分子結晶


いくつかの原子が共有結合によってできた分子はお互いに弱い力で引き付けあっています。 この弱い力のことを分子間力または ファンデルワールス力といいます。 分子量(分子の相対的な質量)が大きな分子ほど分子間力が大きくなります。 分子間力が大きい分子ほど融点・沸点が高くなります。 分子量が小さい水素や酸素の分子間力はごく小さいため沸点が低く、常温では気体として存在します。

酸素分子どうしは弱い力、分子間力によって結合している。


酸素原子フッ素原子窒素原子は電気陰性度が大きいので、 これらの原子と水素原子が結合している分子 (フッ化水素アンモニア)では、 水素原子を間に水素結合を生じます。 水素結合は分子間力よりも強い力なので、水、フッ化水素、アンモニアは分子量が 小さいにもかかわらず、沸点が高くなります。

水分子どうしでは水素結合によって結合している。


分子が規則正しく配列したものを分子結晶といいます。 分子結晶はやわらかく昇華(固体から気体になること)しやすいものが多いです。 たとえば、二酸化炭素分子が規則正しく配列したドライアイスは常温においておくと 液体にならず気体になります。 他にも防虫剤に使われているパラジクロロベンゼンやナフタレンも分子結晶で 昇華するものです。 防虫剤はたんすに入れておくといつのまにかなくなっていますよね。

二酸化炭素分子が規則正しく配列したものがドライアイス


理論化学トップ ホーム