化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

・共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

共有結晶


分子はいくつかの原子が共有結合で結合したものです。 例えば二酸化炭素は炭素原子1つと酸素原子2つが結合したもので、二酸化炭素分子という粒子が いくつか集まって気体の二酸化炭素が存在するわけです。 しかし、なかにはいくつもの原子が延々と共有結合で結合してできている物質もあります。 ダイヤモンド水晶がそうです。 ダイヤモンドは炭素原子が延々と共有結合しているもので、ダイヤモンドの石一つが 巨大な分子といってもいいわけです。 水晶もケイ素原子と酸素原子が延々と共有結合しています。 ダイヤモンドや水晶のように共有結合によって延々と原子が結合した結晶を共有結晶といいます。 共有結晶の物質はかたく融点が高いのが特徴です。 ダイヤモンドの同素体である黒鉛も炭素が平面的に六角形に共有結合したものです。 この平面的に結合したものがいくつも重なっているのでもろいのです。

黒鉛(左)とダイヤモンド(右)の模型
 


水晶の原石。これ一つが巨大な分子。


理論化学トップ ホーム