化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


・分子から成る物質
−分子の形と極性

分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

分子から成る物質−分子の形と極性


分子には固有の形があります。 この形によっても極性があるかないかが決まってきます。 極性をもつ分子を極性分子、 極性を持たない分子を無極性分子といいます。


同じ原子同士結合した水素や窒素は電気陰性度が同じなので無極性分子です。 二酸化炭素は二重結合なのでまっすぐに結合します。 単結合よりも二重結合のほうが強いからです。 二酸化炭素の場合、電気陰性度の違いから酸素原子が−、炭素原子が+になりますが、 −の2個の酸素原子の中心が+の炭素と一致するので無極性分子になります。 メタンは正四面体の4つの頂点に水素原子、中心の炭素原子が配置されたものです。 二酸化炭素と同じ理由でメタンも+の中心が−と一致するので無極性分子です。

塩化水素は違う原子が結合したものなので電気陰性度の差から極性を生じます。 水は単結合なのでくの字型に折れた折れ線形をしています。 この場合、分子の上のほうと下のほうで電気のかたよりが生じます。 アンモニアも分子の上のほうと下のほうで電気のかたよりが生じるので極性分子になります。

要は、分子をどこからみても同じ形になっているものは無極性分子、上下に違いがある分子が 極性分子です。

メタン(左)とアンモニア(右)の分子模型
 


水の分子模型(左)とビーカーに入った水(右)
 


理論化学トップ ホーム