化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


・分子から成る物質
−電気陰性度と極性

分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

分子から成る物質−電気陰性度と極性


分子は2個の原子が1個から3個の電子を共有して結合しています。 この共有している電子(共有電子対)は、実は、2個の原子が仲良く真ん中で共有しているのではなく、 共有電子対を引きつけやすい原子とそうでない原子とがあるのです。 共有電子対を引きつける強さを表した尺度を原子の電気陰性度といいます。 この電気陰性度が大きい原子ほど共有電子対を自分で独り占めしたがる原子なのです。

電気陰性度は希ガスを除き、周期表の右上の原子ほど大きく、左下の原子ほど小さくなります。 だから、フッ素Fの電気陰性度が最大になります。



共有電子対がどちらか一方に引きつけられると、分子内で電気的なかたよりが生じてしまいます。 共有電子対が引きつけられたほうは−の電子が集まるのでより−に、 反対の原子はより+になります。 このような電気的なかたよりがあることを極性があるといいます。 水素分子などのように同じ原子同士が結合した分子はお互い同じ力なので極性をもちません。 それに対して、フッ化水素のような違う原子同士が結合した分子はどちらかが共有電子対を 独り占めしてしまうので極性があります。



理論化学トップ ホーム