化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


分子から成る物質
−電子式と構造式


・分子から成る物質
−配位結合

分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

配位結合


アンモニアはHが3個なのに、アンモニウムイオンはHが4個になるのはなぜでしょう。 アンモニアには非共有電子対が一対あります。 この非共有電子対に電子を1個ももたない水素イオンが結合したのがアンモニウムイオンです。

このように分子がもつ非共有電子対を一方的に供与された結合を配位結合といいます。 共有結合は2個の原子が電子を貸し借りして結合したのに対して、配位結合はすでに対になっている 非共有電子対に他の原子(特にイオン)が入り込んできて、電子を貸さないのに自分だけ 借りるというわがままな結合なのです。

アンモニウムイオンができるときには、アンモニアの非共有電子対に水素イオンが配位結合します。 このとき、陽イオンが結合するので、全体的に+になるわけです。



配位結合は共有結合と同等の結合なので、いったん結合してしまうと、どれが配位結合で結合して、 どれが共有結合で結合したのか区別がつかなくなってしまいます。



配位結合でできたイオンを錯イオンといっています。

水分子の非共有電子対1対に水素イオンが配位結合したものをオキソニウムイオンといいます。

もどる