化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

分子から成る物質
−共有結合


・分子から成る物質
−電子式と構造式

分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

分子から成る物質−電子式と構造式


共有結合のようすを表すとき、原子の最外殻電子を元素記号の周りに・で表した 電子式を使います。



共有結合のようすを電子式で表したとき、2個の原子で共有している 2個の電子を共有電子対といい、 結合前の対になっていないひとりぼっちの電子を不対電子といいます。 また、初めから対になっている電子対を非共有電子対といいます。

1対の共有電子対(電子2個で1対)を1本の線で表した式を構造式といい、 この線のことを価標といいます。



水素や水のように2個の原子が1個ずつ電子を出し合い共有する(共有電子対が1対)結合を単結合、 2個の原子が2個ずつ電子を出し合い共有する(共有電子対が2対)結合を二重結合、 2個の原子が3個ずつ電子を出し合い共有する(共有電子対が3対)結合を三重結合といいます。



理論化学トップ ホーム