化学のうんちく

物質の分類1
−純物質と混合物


物質の分類2
−単体と化合物


元素の検出
−花火の色


原子の構造

原子の電子配置

イオンのでき方

イオン結合

イオン結晶

・分子から成る物質
−共有結合

分子から成る物質
−電子式と構造式


分子から成る物質
−配位結合


分子から成る物質
−電気陰性度と極性


分子から成る物質
−分子の形と極性


分子間力・水素結合・分子結晶

共有結晶

金属結晶

結晶のまとめ

元素の周期律と周期表

原子量

分子量・式量

物質量

物質量の計算

化学反応式

化学反応式の量的関係

溶液の濃度

酸と塩基

酸と塩基の分類

水素イオン濃度とpH

中和反応

中和反応の量的関係

酸化還元反応

酸化数

酸化剤・還元剤

酸化還元反応の
反応式のつくり方


酸化還元反応の
量的関係

分子から成る物質−共有結合


ものを構成している最小の粒子を原子といいますが、 この原子がいくつか結合したものを分子といいます。 実際のものとして存在する最小の粒子が分子です。 水分子がたくさん集まって水ができているのです。



それでは、原子と原子の間にはどのような結合がされているのでしょうか? イオン結晶の場合は、原子が陽イオンや陰イオンになり、お互いが引き付けあって イオン結合によってくっついていました。 分子の場合は、原子がもっている電子を2個の原子が一緒にもつことによって結合されています。 このような結合を共有結合といいます。 では、実際どのように電子を共有(2個の原子が電子を一緒にもつこと)しているのでしょうか。



理論化学トップ ホーム