映像制作の基礎知識
ショットの呼び方1 ショットの呼び方2 キャメラアングル キャメラの動き
場面転換 カラーバー 安全フレーム
トップページへ 注意事項  作品リスト  映像業界用語辞典 特別講義室  リンク集 倉庫  掲示板  


ショットの呼び方.1(被写体のサイズ)
ショットの呼び方は現場によって違うことがある。ここでは一例を示す。
LS
LS
(ロングショット)



FS(フルショット)



BS(バストショット)



US(アップショット)



C-UP(クローズアップ)


以上はおおまかな分け方だが、必要に応じて「KS(ニーショット)」「WS(ウエストショット)」「大ロング」などの言葉も使う。

また、もっと厳密にサイズを指示する場合は「タイト」「ルーズ」などの言葉を使うこともある。
(例えば、タイト・バストショット、ルーズ・バストショット)

被写体のサイズの呼び方について補足説明
 被写体のサイズの呼び方は、現場によって異なる。
 特に、映画やENGによる撮影現場と、マルチカメラによるスタジオなどの収録現場においては、同じ呼び方でも違うサイズを指す場合があるので注意が必要。

主にテレビスタジオにおけるサイズの呼び方

LS(ロングショット):スタジオ全景や屋外の広角ショット。
FS(フルショット):セット全体、ステージでは舞台全景。
FF(フルフィギュア):全身。
KS(ニーショット):ひざから上。
WS(ウエストショット):腰から上。
BS(バストショット):胸から上。
CU(クローズアップ):肩から上。
BCU(ビッグクローズアップ):顔の大写し。

海外の撮影現場でも様々な呼び方がある。
これは、アメリカの撮影現場での一例である。

Full shot:全身。
Medium Full shot:ひざから上。
Medium shot:腰から上。
Close shot:胸から上。
Full Close-up:首から上。


Indexに戻る


ショットの呼び方.2(被写体の数)

1ショット

2ショット

3ショット

4ショット
これ以上はグループショット


ごしショット






Indexに戻る
キャメラアングル

上から見下ろして撮影することをハイアングルまたは俯瞰(ふかん)と言う。
(ハイポジションとも言う)

キャメラを目の高さにして撮影することを水平アングルと言うが、アイレベルまたは目高(めだか)と言う呼び方が一般的である。

下から見上げて撮影することをローアングルと言う。
(ローポジションとも言う)

Indexに戻る
次ページへ









黒瀬への連絡、意見、質問、愚痴、苦情、言い訳等はamukoris■yahoo.co.jp または、掲示板で。
(メールは上記の■を半角@にして下さい)


トップページに戻る