場所 黒磯市鳥野目391-1
費用 オートサイト 4000円、フリーサイト 2000円、シャワー 5分100円と公営だけに那須地区にしては安い。
サイト 個別サイトは広いが、中央の土手の以外設営不可とのこと。たまたまなのか今回使用のオートサイトはその土手の上の草が禿げ上がり、乾燥するとほこりだらけ、雨が降るとドロドロの場所。フリーの方が良かった。
環境 広い公園内に余裕を持って作られている。隣には那珂川が流れ、公園内には人口の大池と小川がある。大池で釣りをする人がいたが、那珂川は浅すぎて釣れそうもないように見えた。今回のサイトは横の田んぼの蛙の声が賑やかだった。
施設 トイレは綺麗だ。炊事場も良く清掃されている。でも、さすがにお湯はでない。ゴミも捨てられる。シャワーは安いが、部屋が広すぎて返って寒かった。
その他 ネットなどで那須では評判が良いキャンプ場だが、天気が今一だったせいと、サイトが泥だらけで印象が悪かった。キャンプ場の人の対応は良かった。
利用日 2004年5月2日〜4日

キャンプ日誌

5月2日
 GWで早めに出たかったのですが、結局7時少し前に出たため、東北道の渋滞にお付き合いして、北関東道の上三川のICで下りて、益子へ向かいました。益子は陶器市の最中で道や駐車場は混雑していましたが、上手く駐車場を見つけて入り込めました。益子のメインストリートは各店ともテントを張る等して大盛況で大混雑。それでも天気も良く、いろいろ見て歩き、花瓶などとお土産の地酒を買いました。
 2時ごろ益子を引き上げ294号を長躯那須へ。4時すぎようやくキャンプ場着。設営して今晩は鳥のローストをダッチオーブンで作りましたが、時間不足で今一。この料理はやはり時間が必要です。
5月3日
 昨日と違い朝から霧雨が降る天気。気温も上がりません。那珂川に散策に行きました。川虫は結構いるのですが、魚などの姿は確認できません。あきらめて、買い物などに出かけました。キャンプ場は黒磯市街のすぐ横にあるので、近所にスーパーがあります。そのまま板室街道を上って、道の駅・明治の森・黒磯へ。ここは農作物も売られていますが、併設のファームレストランのfoo・fooで昼食を食べました。ここはパン工房で買ったものも食べられますし、ここで出されるサンドとコーヒーは決して安くありませんが、なかなか美味しいです。それと、絵本や雑誌がおかれており、結構時間をつぶせました。さらに街道を登り、板室温泉の入り口にある、公衆温泉の板室グリーングリーンへ。すぐ下を那珂川の上流がながれており、その上を大量の鯉のぼりが渡されています。板室グリーングリーンは大人500円と手ごろなこともあり大混雑。帰って、寒さから水炊きを食べて、9時前に就寝しました。
5月4日
 朝ゆっくりしていたら、撤収を終了したのは11時のチェックアウトぎりぎり。正直最近持ち物が多く、少しまいってきました。おかあさんはコテージの方がいいと言いだすほど。さて、帰りには大田原市によって、以前友人からもらって、その美味しさに驚いた大田原牛を買いにいきました。しかし、TVにも出て天狗になったのか、店員の態度はすごく横柄でした。昼過ぎにはGWで混むので、そのまま西那須野ICから帰り渋滞にさほど巻き込まれず帰宅できました。 

鳥野目河川公園オートキャンプ場

益子の町並み。テントは出店。道路は渋滞。

オートサイトは一見。下は草地。でも肝心のサイトは。

フリーサイト。

シャワーとトイレの棟。とても綺麗。

キャンプ場にある大池。

場内の小川には寒さで人はおらず。

那珂川の河原。水量は少ない。

炊事場。向こうはBBQサイト。

板室の那珂川にかかる鯉のぼり。

キャンプ感想に戻る