オートキャンプin勝浦まんぼう

オートキャンプイン勝浦まんぼう

場所 千葉県勝浦市松部 tel:0470-73-9573    キャンプ場HP
費用 4,700円(電源、インターネット割引利用)
利用日 3/29〜30
キャンプ場感想
環境 海にすごく近い。朝から釣りにいく人もいた。ただし、木に囲われているが、やはり風は強い。山、川の自然は望めない。
サイト サイトは広い。しかし、平らではない。行った日は雨のあとで水はけも悪かった。ペグ打ちもあまり楽ではない。
施設 オーナーのお子さんの遊び道具がいろいろ置いてある。炊事場はお湯が出る所が○。しかし、トイレは綺麗とはいえない。バンガローあり、電気カーペットがついていて、冬はこっちが良いかも。
その他 勝浦市内にも近く、買い物、食事などに困らない。このキャンプ場はキャンプそれ自体より、近場の観光の拠点とするのにおすすめ。
キャンプ日誌
1日目
 大多喜のハーブ園で買い物やイチゴ狩りをして、2時ごろキャンプ場に着きました。季節が季節だけにうち以外には3組しかいませんでした。いずれも馴れた人なのか皆平然としていましたが、我が家だけ風の強さにタープを維持するのにあたふた。
 夕方、近くの簡保の宿に温泉に入りに行きましたが、高台でなかなか眺めが素晴らしかったです。ちなみに、1人800円。
 さて、夕食もそうそうに、今回は寒さ対策で車(ワゴン車)に皆寝る事にしました。さらにセラミックヒーターも引き込んで寒さに備えましたが、お陰で全然寒くはない一晩でした。

2日目
 翌日は良く晴れ、風もなく快適でした。9時ごろ勝浦の朝市へ。観光化されているので、安さは期待できないですが、見ているだけで結構面白いものです。
 キャンプ場を引き揚げて、目の前の松部漁港へ。漁港の直売所は、特に見るべきものはありませんでしたが、すぐ横の岩場でしばし遊ぶ事ができました。(右写真)
 昼食は勝浦で有名な「下町丸竹都寿司」へ。今回はキャンプ場の写真を撮り忘れたので、そこで食べた地元ネタのお寿司と店の外観の写真をのせます。この店、個室にはいったのに主人がわざわざ来て、TV「アドマチック天国」に出たから見てくれとか、いろいろと話しかけてきます。いろいろとサービスもしてくれ悪くないのですが、おすしの創意工夫という面では、いつも行く鴨川・横渚の「笹元」の地物すしの方に軍配があがる気がします。
 
松部漁港横の岩場

下町丸竹都寿司の地物すし(上)と外観(下)

キャンプ感想へ戻る