場所:千葉県君津市
オートキャンプ費用:4,750円

1日目(4月29日)
 10時には袖ヶ浦のインターチェンジについてしまいましたので、鴨川のお気に入りのすし屋に行くことにして、410号を行きました。途中の「ふれあいパークきみつ」という道の駅で、地元産のものの特売をやっていましたが、大きなタケノコがなんと200円!
 鴨川から戻りイレブンキャンプ場につきましたが、ほかにあまり人がおらず、かなり大きなサイトを割り当てていただきました。4区画くらい作れそう。でも、サイトの向こうは田んぼで、自然度は低いです。それにしても、きれいに区画されているキャンプ場です。(当時はそう思いましたが、後で考えると当たり前レベル)
 お目当ての川にいきましたが、これまた残念ながら、人家に近く汚れています。しかし、返っておたまじゃくしがかなりいて楽しめました。ウシガエル?の子供とおぼしきものは、鶉の卵ほどの巨大さ。
 そのあと君津の厚生年金会館「サンピア君津」のトロン温泉を利用。空いている日だと思われましたが結構の人。土日はさぞかし混むでしょう。サンピア君津HP
 
2日目
 鶏の声で起こされ、富津に行くためにさっそく片付けましたが、結局11時になってしまいました。(まだ不慣れ)富津岬にいって潮干がりをしましたが、天気にめぐまれなく、この季節はまだ寒かったです。公園内の「しのざき」という店で、貝がいろいろはいった磯ラーメンなる名物をたべました。美味といほどでもないが、1度食べて見る価値はありの変わったものです?
 
<キャンプ場の感想>
 きれいに整備されたキャンプ場。あまり見て回らなかったが、いろいろ設備があるらしい。特に炊事場にお湯が出るところが、おかあさんには好評。トイレなども普通にきれい。
 今回はものすごく広いサイトを割り当ててもらえた。そうでなくても結構みな広そうだ。
 
 

キャンプ感想へ
イレブン・オートキャンプ・パーク

イレブンオートキャンプパーク

キャンプ場のHP
E-list BBS Search Ranking Outdoors Go to Top

サイトはすごく広い

川はちょっときたない

富津での潮干狩りは寒々。

手の中には巨大オタマジャクシ